2019年03月19日

名前で入りたくなる五島列島直送鮮魚!田町「鬼平」

鬼平2IMG_6195 (002).jpg
「鬼平」再訪です。
田町の駅から慶応仲通商店街を
歩いていくと右手に見えてきます。
この看板を見ると、
テレビドラマの鬼平犯科帳を
思い出して、ついつい
入りたくなるのです。
若い人にはわからない
かもしれませんが、
おじさん世代は
「鬼平」はドラマとしては
非常に質の高い名作として
また、劇中に登場する
江戸のグルメが楽しみで
毎週楽しみにして
いた番組です。
鬼平2IMG_6200 (002).jpg
とはいえ、ここは、
江戸料理を出してくれる
お店ではありません。
五島列島の新鮮な魚と
アゴ出汁の美味しさを
存分に楽しめる
お店です。店内は
盛況でみんな楽しそうです。
奥のテーブルは
宴会で盛り上がっています。
鬼平2IMG_6201 (002).jpg
ここのお通しは
アゴ出汁と荒煮です。
アゴ出汁は濃厚で、
物凄い旨みです。
これでハイボールが
飲めてしまう味なのです。
鬼平2IMG_6204 (002).jpg
シソわかめは、
前回食べて絶品だったので
また注文しました。
これは、白いメシに
乗せて食べたくなる
素晴らしい味です。
僕は、早くも
ハイボールをおかわりです。
鬼平2IMG_6213 (002).jpg
水餃子です。
これはアゴ出汁で
こういう食べ方があるのかと
感心しました。
そうでなくても
いい出汁が好きな僕には
絶好のおつまみです。
鬼平2IMG_6218 (002).jpg
これはここ「鬼平」の
名物とのことですが
アジフライをアゴ出汁で
食べるものです。
これまた、こういう
食べ方もあるのかと、
新鮮な気持ちで味わいましたが
僕の好みからすると
ソースをたっぷりかけて
いただきたかったです。
鬼平2IMG_6220 (002).jpg
明太子です。
ここまで
けっこういいペースで
食べ飲んでいたので
ついつい調子に乗って
もう一品と
もう一杯を追加して
しまいました。
これを、チビチビ
つまんで飲んでいると、
一杯で足りるはずがありません。
結局、もう一杯飲んで
かなり気持ちよく
絶好調でお会計をして
帰ったのでした。

<お店情報>
東京都港区芝5-22-9 三田苑 1F
JR田町駅 徒歩5分 都営三田線三田駅 徒歩3分☆慶応仲通り☆
三田駅から130m
営業時間
平日 16:00〜23:30(LO 22:30)
土曜・日曜・祝日定休
★地図、クーポンなどさらに詳しい情報はこちらで⇒鬼平 三田











posted by トッチ at 18:00| Comment(0) | 幸福の酔っ払い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

大衆価格で飲めるうどん・そば!白金高輪「たちばな」

たちばなIMG_6440 (002).jpg
白金高輪に飲める
お蕎麦屋さん、
「たちばな」があります。
白金高輪には、
タモリさん行きつけの
「夢呆」という有名な
お蕎麦屋さんがありますが、
ここ「たちばな」は
かなり庶民的。昼は、
券売機でうどん、そばが
カジュアルに楽しめるお店、
夜はどちらかというと
居酒屋です。ここ
白金の地にあって、
「たちばな」の価格設定は
極めて大衆的。
このお店のすぐ傍に
ある立ち飲みの「大船」と
並んで、新橋サラリーマンには
ありがたいお店です。
たちばなIMG_6448 (002).jpg
「たちばな」は、
小さなカウンターと
テーブル席できちんと座って
飲むことが出来ます。
価格的には、大船よりは
高めの設定ですが、
おひとり様には、
テレビがあるので
観ながら飲みたいときに
絶好のお店です。
僕はハイボールと
同時にワカメしらす
ポン酢も合わせて注文します。
たちばなIMG_6450 (002).jpgたちばなIMG_6454 (002).jpg
お通しの烏賊刺しと一緒に
出てきたのがワカメの上に
しらすの乗っかった
シンプルなおつまみです。
体のことを考えて
まずは食物繊維から
いきます。ワカメだけだと
味気ないですが
しらすが乗っていれば
これはいいおつまみになります。
たちばなIMG_6457 (002).jpg
鰯のフライです。
シンプルに丸ごと
揚げてありますが、
頭からがぶりとやっても
柔らかく骨も気になりません。
やはり揚げ物は
ハイボールによく合います。
グイッと飲み干して
おかわりです。
たちばなIMG_6443 (002).jpg
店内は飾り気のない
庶民的な雰囲気で、
タバコの煙もモクモクです。
僕は、少し気になりますが、
どんどん厳しくなる
タバコ規制に悩む
愛煙家の皆さんには
ありがたいお店と思います。
たちばなIMG_6458 (002).jpg
手羽先唐揚げです。
これもシンプルに
美味しいおつまみです。
ガリガリと骨の
周りのお肉をしゃぶります。
たちばなIMG_6461 (002).jpg
アボカド鮪の山葵醤油和えです。
これは、もう食べなくても
美味しいのが分かる
最高の組み合わせです。
白いご飯の上に乗せて食べても
美味しいに違いありません。
たちばなIMG_6467 (002).jpg
〆は肉うどん。
麺は讃岐で程好い
コシがあり、
おつゆはキリッとして
甘さ控えめ。庶民価格に
安心してやや飲みすぎた
あとのうどんは最高の美味しさです。
一点残念だったのは、
上に乗る肉が
肉同士くっついていたこと。
店内は、僕が入った後
続々とお客さんが
入ってきて混雑を極めていたので
仕方ないかもしれませんが、
これがいい塩梅に乗っていれば
見た目にも美味しいものに
なったでしょう。
とはいえ、実に
気分よく酔っ払い、お腹は、
はちきれんばかりと
なりました。

<お店情報>
東京都港区三田5-21-9
東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪」駅から徒歩5分
白金高輪駅から275m
営業時間
[月〜金]
11:30〜13:45、17:00〜22:00(L.O.22:00)
定休日は土・日・祝
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒たちばな









posted by トッチ at 17:23| Comment(0) | 幸福の酔っ払い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

大正元年創業の老舗鰻屋さん!新橋「鳥かど家」

鳥かど家IMG_6551 (002).jpg
新橋駅から少し歩きますが、
昔ながらの定食屋さんか?
と思う外観の鰻屋さんがあります。
お店の名前を見ても
鰻屋さんと思えない
そのお店の名前は、
「鳥かど家」。
どう見ても、焼き鳥か
鶏料理です。僕は以前から
知っていましたが、
入ったことがなく
今回は初チャレンジです。
鳥かど家IMG_6517 (002).jpg
店内に入ると、
内装も定食屋さんという
印象です。
まずはハイボールで
いきます。おつまみの数は
多くありませんが、
なかなかそそるものが
揃っています。
鳥かど家IMG_6522 (002).jpg
珍味3点盛り750円です。
これが、憎いのです。
梅くらげ、蒲鉾、ヒラメの縁側を
チャンジャ風に味付けたものです。
グイグイとハイボールが
進みます。店内を見渡すと、
常連さん、僕と同じ
おじさん世代の
カップル、おじさん
サラリーマン3人のの飲み会。
そこにおひとり様の僕という、
何とも不思議な印象です。
鳥かど家IMG_6530 (002).jpg
酢の物750円です。
これは、安定の味。
鰻に備えて飲む
おつまみに絶好です。
この「鳥かど家」さん、
お店の中の案内などを
読むと創業は大正元年。
ここ芝新橋の地で
営業を続けてきた
老舗鰻屋さんとのこと。
なるほどなるほど、
そう知って見渡すと、
お店のお客さんたち、
ここの味を求めて
わざわざやって来た
食にこだわりのある
お客さんに見えてきます。
鳥かど家IMG_6532 (002).jpg
おつまみがばっちりで
ハイボールを
おかわりしようとして
ふとメニューを見ると
ホッピーがあることに
気づきます。
何だかホッピー気分に
なって頼んで
しまいました。
おつまみをチビチビ
いきながら、グイグイと
ホッピーをいきます。
鳥かど家IMG_6546 (002).jpg
さて、メインが
やってきました。
堂々たる鰻です。
ここのは、国産を
使っているとのこと。
食べる前に早くもなくなった
ホッピーをおかわりし、
鰻に備えます。
鳥かど家IMG_6538 (002).jpg
老舗鰻の味はどんなものか、
まずは一口。柔らかく
香ばしく、これぞ東京の鰻。
タレはキリリと辛口です。
なるほど、このお店を
目指すお客さんは、
甘さ控えめのこの
大人の味を求めて
いるのでしょう。
ホッピーでゴクリと
流します。どちらかというと
甘辛が好きな僕の好みとは
違いますが、これはこれ!
鰻そのものの味を
感じられる気がします。
これが老舗「鳥かど家」の味。
ホッピーのお供にも絶好です。
新橋ではこうした頑固一徹というか
個性的な味を守る
いいお店に時々
出会えるのです。
少々飲み過ぎましたが
超満足の夕ご飯でした。

<お店情報>
東京都港区新橋4-27-9 新橋スズキビル 1F
JR新橋駅烏森口徒歩5分
新橋駅から404m
営業時間
11:00〜14:00(L.O.)
17:00〜20:30(L.O.19:30)
定休日は土曜・日曜・祝日
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇨鳥かど家











posted by トッチ at 21:27| Comment(0) | 幸福の酔っ払い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク