2018年09月24日

田町のワインバル「ポルコロッソ」は真実の口。

三田イタリアンIMG_3071 (002).jpg
田町の慶応仲通り商店街に、
写真のようにローマの
嘘つきの手に食らいついて
離さない彫像「真実の口」
が目印のお店、
「ポルコロッソ」があります
ワインバルだそうです。
僕は何度となくその前を通り、
何度となく入りかけ、
若い男女の多さに
気おされて入れなかったお店です。
この日は、閉店間際で
お店は空いていたので
勇気を出して入りました。
三田イタリアンIMG_2797 (002).jpg
ワインバルですから、
白ワインでいきます。
メニューは美味しそうな
ものばかり。僕の悪い癖で
迷いに迷います。
店内には若い大学生風男女の
4人連れが一組だけ。
しかし、若い人は元気が良く、
お店中が笑いに満たされています。
疲れたおじさんとしては、
食べて飲むことに
集中するしかありません。
三田イタリアンIMG_2801 (002).jpg
鳥のピリ辛揚げがきます。
これは、中華風の味付けで
ワインがすすむ濃い味です。
遅い時間までの仕事で
ヘトヘトの体が、
ジーンと痺れるように
癒されていきます。
三田イタリアンIMG_2805 (002).jpg
お次は、ミートボールの
チーズクリーム煮です。
780円ですが、絶品でした。
食べ応えも満点で、
白ワインにもグッドです。
大きなミートボールは、
ひと口ではいけないほどの
ボリュームで、お腹が
ペコ太郎だった僕には
ありがたき幸せ。この一品で、
ワインをグイグイ
おかわりします。
三田イタリアンIMG_2809 (002).jpg
〆は、スパゲティのポロネーゼ。
濃厚なソースは肉の旨みたっぷり、
味付も丁度良い濃さで、
ワインのおつまみにもなる
いいスパゲティです。
僕はミートボールでかなり飲んで、
いい気分になっていましたが、
もう一杯おかわりをして、
ポロネーゼをかたづけました。
どのメニューも食べ応えがある割には
値段が安く、学生さんにも、
サラリーマンにも優しい
いいお店でした。

<お店情報>
東京都港区芝5-23-13 1F
JR山手線・京浜東北線「田町」駅西口下車 徒歩5分
都営浅草線・三田線「三田」駅下車 徒歩5分
三田駅から183m
営業時間[月〜金]
11:30〜14:00(L.O.13:30)
17:30〜01:00(L.O.24:00)
[土]17:00〜23:00(L.O・22:00)
[日・祝]お休み
定休日は日・祝 年末年始
地図などさらに詳しい情報はこちらで⇨ワインバル ポルコロッソ










posted by トッチ at 16:37| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

関西風うどん紅ショウガ天!虎ノ門「つるまる饂飩」。

つるまるIMG_2872 (002).jpg
僕は、中性脂肪やコレステロールが
高すぎると毎回人間ドックで
指摘されていて、日ごろの
ウオーキングを指示されているので、
なるべく歩くようにしています。
同じ道を歩いても
飽きてしまうので、
飲食店の調査もかねて
遠回りをしたり
一駅歩いたり、
小さな路地に入ったり
しています。
そんな中、丁度、小腹の時間、
虎ノ門と溜池の
中間ぐらいの場所に
新しいお店を発見!
「つるまる饂飩」
というお店です。
いかにも讃岐系に見えましたが、
関西風うどんだそうです。
つるまるIMG_2865 (002).jpg
僕が惹かれたのは、
関西の方が大好きという
紅ショウガ天です。
串揚げでは食べたことが
ありますが、
天麩羅は初めてです。
追加でわかめをトッピング
しました。
まずはおつゆの
味を見ると
関西風のいいお出汁です。
薄口ですが十分な
旨みがあります。
紅ショウガ天は、
薄切りのでっかい
真っ赤な紅ショウガが
入っています。
衣からもその赤さが
透けて見えます。
これをうどんに
投入して一口ガブリ。
生姜独特の凄い歯ごたえ、
独特の酸味、そして辛さが
実にいいのです。
これは旨い!
なるほどこういうこと
なのですね。
これは、関西風の出汁に
よく合います。
麺はどうでしょう。
これはつるつると
喉越しが良く、
讃岐ほどではありませんが
コシがあっていい麺です。
あっという間に
食べられるやつです。
紅ショウガ天をかじりながら、
一気に食べてしまいました。
いい小腹となりました。

<お店情報>
東京都港区虎ノ門2-4-1 ピアザビル 1F
虎ノ門駅から252m
営業時間[月〜金] 7:00〜22:00[土] 11:00〜17:00
定休日は日曜日・祝日
地図などさらに詳しい情報はこちらで⇨つるまる饂飩









posted by トッチ at 17:41| Comment(0) | 小腹というより中腹か? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

チャーハンのおいしい店。新橋「東竜」で本気食い。

チャーハンの店IMG_2982 (002).jpg
新橋から虎ノ門方向に
真っすぐ伸びる通りはいま、
いわゆるマッカーサー通りが
脚光を浴びていますが、
僕が好きなのは、
それより内幸町寄りの
細い通りです。
そこには、数々の
飲食店がひしめき合い
新橋サラリーマンのオアシスと
なっているのです。
新橋で貴重な町中華の一軒、
「東竜」は、その通りを
さらに入った小さな
小道にあります。
店名に「新橋店」とあるので
何店舗も展開している
お店かもしれません。
表の暖簾には
「チャーハンのおいしい店」
と謳っています。
僕が初めてこのお店に
入ったのは、そのキャッチコピーに
惹かれたからです。
店内のメニューには、
麺類に半チャーハンを合わせた
セットがたくさん列記され、
それがお勧めだということが
わかります。僕は、
味噌ラーメンが好きなので、
それをセットにします。
チャーハンIMG_2987 (002).jpg
ここの味噌ラーメンは、
いわゆる町中華らしい
オーソドックスな味。
子供の頃食べて衝撃を受けた味と
その目指す方向性が似ています。
僕は、醤油ラーメンも
そうなのですが、
昔ながらのオーソドックスな
味が好きなのです。
まずは、スープの味を確かめ、
もやしをパクリ。ここのは、
野菜の量は多くありませんが、
僕はベジファーストを
実行します。
チャーハンの店IMG_2988 (002).jpg
さあ、ここでチャーハンです。
見るからに美味しそうです。
大口をあけてガブリと
食べます。これが、やはり
町中華っぽい
オーソドックスな味です。
高級中華にない
分かりやすい味付。
こういう味がいいのです。
ここで、ラーメンをすすります。
濃厚な味噌の味で、
食欲がグイグイ湧きあがります。
麺が半分ほどになるまで
ラーメンに集中し、
お酢を投入します。
味噌ラーメンとお酢は
黄金の名コンビと言って
よいでしょう。
僕は少し多めに入れるのですが
こうすると、味わいは
劇的に変わります。
際立つ酸味がさらに
食欲を加速させてくれます。
そのタイミングで
チャーハンに戻ると
またフレッシュな印象で
味わうことが出来ます。
卵の甘さ、チャーシューの
旨みがシミジミ感じられる
いいチャーハンだということが
よくわかります。
一気にチャーハンを
片付けると、残しておいた
スープを心ゆくまで味わうのです。
あー、本当に満足感の高いセットです。
ごちそうさまでした。

<お店情報>
東京都港区西新橋1-19-14
新橋駅から徒歩7分。内幸町駅から徒歩5分。
内幸町駅から331m
定休日は日曜日祝日
地図などさらに詳しい情報はこちらで⇨東竜 新橋店

















posted by トッチ at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク