2018年11月16日

知る人ぞ知る小料理!麻布十番「よし喜」。

よし喜IMG_4183 (002).jpg
このお店は、何度も
いったことのあるお店です。
麻布十番の「よし喜」さん。
かなり前からあるお店で、
以前は現在の場所から少し離れた
中二階のような場所にあった
のですが、数年前に
移転してきました。
競争の激しい麻布十番の地で
長くお店を構えているので、
意外な人が知っていて
「あの料理が旨い」という
話で盛り上がることもあります。
店構えがそっけないので
入りにくい感じがしますが、
知る人ぞ知るいいお店です。
小料理屋さんと
言ったらいいのか、
家庭料理といったらいいのか
悩むのですが、
家庭で作っても絶対出せない
味なのです。そこは、
やはりプロというのか
料理上手というのか
わかりませんが、
どの料理も絶品です。
味付けが僕の好みの
濃い目なので、
なおさらなのです。
よし喜IMG_4168 (002).jpg
ハイボールで、
スタートしますが、
このお店のお楽しみは
何と言ってもメニュー選び。
「大皿料理」という
キャッチフレーズのつく
お店にふさわしく
一段高いカウンターには
おいしそうな料理がズラリ。
よし喜IMG_4166 (002).jpg
煮物、揚げ物、焼き物など
どれを選ぶか迷ってしまいます。
長いカウンターの端から端まで
大皿が並んでいるので
僕はいつもお店の女将に
ことわってから奥まで歩いて
品定めをします。
どれも美味しそうなだけではなく
体に良さそうな料理です。
よし喜IMG_4172 (002).jpg
キンピラです。
こういう家庭料理が
きちんと美味しいのが
いいお店だと思うのです。
固すぎず柔らかすぎず
人参と牛蒡の食感が
実に楽しいキンピラです。
噛んでいると、
根菜の滋味深い味が
感じられ幸福感に
包まれます。
よし喜IMG_4175 (002).jpg
ブリ大根です。
もう見ただけで
美味しいことは
分かります。
大根には味がよく
浸みていて、
ブリのいい旨みが
口の中に広がります。
卵が入っているのも
ありがたき幸せ。
ハイボールが進みます。
よし喜IMG_4176 (002).jpg
いわしの煮付けの旨さも、
言うまでもありません。
青魚は素材選びも調理法も
難しく、家庭でつくっても
なかなかこうはいきません。
ご飯に乗せて食べたくなる
味付けです。
よし喜IMG_4181 (002).jpg
さて、最後にガツン!
そうです、カキフライです。
この季節、こいつに
勝る揚げ物はありません。
少し小ぶりですが
実にいいカキでした。
数で注文できるので、
僕は4つ注文しましたが
6つ注文すればよかったと
後悔しました。
このお店は、女将さんと
お手伝いの店員さんの
二人で切り盛りしています。
客層もいいせいか、
なんとも癒される
雰囲気のお店です。
残念ながら食べログの
点数はそれほど
高くないのですが、
僕は、味付けに関しては
もっと点数が高くていい
お店だと思っています。
値段は、大衆的な
居酒屋さんと
比べると少し高いのですが、
僕は大好きなお店です。
また、来ようと思います。

<お店情報>
東京都港区麻布十番2-12-4
麻布十番駅から264m
営業時間18:00〜23:30
定休日は土曜・日曜・祝日
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒よし喜









posted by トッチ at 14:48| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

焼き鳥以外も旨い!白金高輪「やきとり嶋家」。

オシャレ焼き鳥IMG_3994 (002).jpg
白金高輪と麻布十番の
中間ぐらいに、ちょっと
お洒落な焼き鳥屋さん
「嶋家」さんがあります。
タモリさんの通う
ラーメン屋さん
として有名になった
「盛運亭」とタンメンで
有名な「大宝」の
すぐ近くにあります。
いつの間にオープンしたのか
分かりませんが、
前からあるお店では
ないと思います。
オシャレ焼き鳥IMG_3997 (002).jpg
店内の照明はいい感じに
抑え目で、オトナが
ゆっくり焼き鳥を楽しめる
雰囲気です。で、僕は、
いつものように
ハイボールを頼もうとしたら
驚きました。
オシャレ焼き鳥IMG_3998 (002).jpg
写真のように
「三重ハイボール」
「岐阜ハイボール」
「鹿児島ハイボール」
「冨山ハイボール」
と、ご当地ハイボールが
楽しめるのです。
ハイボール飲みの
僕にとって、こんなに
魅力的なハイボール
メニューは初めてです。
オシャレ焼き鳥IMG_4006 (002).jpg
お通しは、もずく酢。
こういうのが、
体に嬉しいのです。
店内は、まだ早い
時間だったからか、
お客さんは他に
一組だけ。実に静かで
いい雰囲気です。
この「嶋家」さん、
営業時間が
深夜3時までらしいので
仕事が遅くなったときにも
便利なお店です。
おそらくもっと遅い時間が
このお店のゴールデンタイムに
なるものと思われます。
オシャレ焼き鳥IMG_4003 (002).jpg
インゲンの胡麻和えは、
少し甘めの味付けで
茹で加減が絶妙でした。
シャキシャキした
インゲンの食感を
楽しめます。
オシャレ焼き鳥IMG_4008 (002).jpg
これは、茄子の味噌チーズ焼き。
チーズの下に潜んでいるのは
トマトです。この盛り付けの
美しさが食欲をそそります。
味はもちろん美味ですが、
こういう盛り付けの
センスで料理の実力は
概ね想像できると
僕は思っているので、
この時点で、このお店、
大正解という結論に
達しました。
オシャレ焼き鳥IMG_4007 (002).jpg
このあたりで、
団体さんが
ドドッと入ってこられて
賑やかになってきました。
ただ、店内の天井は高く、
その分音が逃げるからでしょうか
うるさい感じはしません。
しかも、上からの
圧迫感がないので
何だか妙に落ち着ける
空間です。
オシャレ焼き鳥IMG_4013 (002).jpg
湯葉と生麩の揚げだし。
これは上品な出汁で
癒される味です。
オトナのおつまみ
という感じです。
このあたりで、
ハイボールは
すでに3種類目を制覇。
最後の冨山ハイボールを
頼みます。
オシャレ焼き鳥IMG_4016 (002).jpg
つくねです。
串に刺さったつくねの
上にある黄色いのは、
卵の黄身です。
たぶん醤油漬けとか
味噌漬けにした
ものなので串で
刺したぐらいでは
崩れないのですが、
箸で突っつくと、
見事に崩れ、
黄色く美しい
ソースのくるまれた
つくねに変身するのです。
素晴らしいパフォーマーと
いいますか、こういう趣向の
センスもいいと思うのです。
味も素晴らしく、
焼き鳥屋さんとしての
実力はこれでよく分かりました。
焼き鳥は、名古屋コーチンと
軍鶏を掛け合わせた
熊野地鶏や世界で唯一という
無菌鳥というのも
味わえるそうですが、
この日の僕は、そっちに行かず
どちらかというと
サイドメニューに
行ってしまいました。
オシャレ焼き鳥IMG_4020 (002).jpg
〆は、鶏そぼろ丼。
僕の大好物です。
程好い甘辛そぼろは、
ふんわりした仕上がりで
うちで作るものとは
ぜんぜん違います。
旨い旨い!と、
僕は、ここにきて
ようやく本性を
発揮して井之頭五郎の
ように学生食いです。
ガツガツいくのが
丼ものはやはり美味しいのです。
あー、素晴らしい
夕食でした。新橋の
焼き鳥屋さんのように
激安のお店ではありませんが
値段に納得できる
いいお店でした。

<お店情報>
東京都港区南麻布2-7-25 ストーク麻布 1F
白金高輪駅 【4番出口】徒歩5分
麻布十番駅 【2番出口】徒歩7分
*タクシー、車でお越しの際は
「古川橋交差点」又は「三の橋交差点」で
下車して頂くとそちらから徒歩1分です。
白金高輪駅から553m
営業時間
【火曜〜土曜】
17:30〜03:00
【日曜・祝日・月曜】
17:30〜23:00
日曜営業
定休日は月曜日
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒やきとり 嶋家









posted by トッチ at 18:02| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

東京であんかけスパ!西新橋「パスタ・デ・ココ」。

あんかけスパIMG_4033 (002).jpg
テレビで名古屋メシの
映像を見ると、
影響されやすい僕は、
ついつい食べたく
なってしまうのですが、この日は、
「あんかけスパゲッティ」です。
この名古屋メシの定番が、
チェーン店ですが
「パスタ・デ・ココ」で
食べられます。
名前の通り、
カレーのココイチが
出しているお店です。
ホームページを見ると、
東京で食べられるお店は
ここ1店舗のみだそうです。
内幸町と虎の門の
中間ぐらいにあるこのお店は、
派手な看板で明るく
待っていてくれます。
あんかけスパIMG_4025 (002).jpg
まずサラダと、この日は
鉄板のミラカンと
決めてきたので、それを注文。
ソースはマイルドスパイシーです。
ミラカンとは、不思議な
ネーミングですが
テレビのグルメ番組などの
解説によると、肉類を乗せた
「ミラネーゼ」と野菜類を乗せた
「カントリー」を略して
「ミラカン」とした、
ということのようです。
あんかけスパIMG_4030 (002).jpg
熱く焼けた鉄板の上に卵、
その上に野菜とウインナー、
ベーコンが乗っかって、
独特のとろみのある
あんかけ状のミートソース
がからんでいるのです。
物凄い湯気と、いい匂い。
火野正平さんのように、
タバスコを振って、
粉チーズをかけて
食べると熱いこと熱いこと。
味はシッカリ濃い目。
僕の好みです。
ソースはマイルド
スパイシーですが
タバスコとは違う胡椒の
辛さがかなりピリッときます。
あんかけうどんからヒントを
得たとのことですが、
ミートソースでもなく、
ナポリタンでもない、
不思議な味です。
日本人独特の
アレンジの才能というか
名古屋人独特のセンスというか
唯一無二の食べ物になっていると
言っていいのではないでしょうか。
ジャンキーといえば、その通りですが
ジャンキーな味が大好きな僕には
この上なくありがたい味です。
卵と一緒に食べると
ほのぼの優しい味になります。
この日は、普通盛りにしましたが
ここは、麺の量は
何段階も増やせるので、
単なる大盛りではなく
大食いしたいときにも
重宝なお店です。

<お店情報>
東京都港区西新橋1-23-9 河野ビル 1F
虎ノ門駅徒歩5分。霞ヶ関駅徒歩8分。
虎ノ門駅から272m
営業時間11:00〜22:00
日曜営業・年中無休
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒パスタ・デ・ココ





posted by トッチ at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク