2019年06月20日

セブンの粉物キング発見!「とろ〜り食感たこ焼き」

セブンIMG_8186 (002).jpg
僕は関西出身ではありませんが、
お好み焼き、たこ焼きなど
粉物が大好きで、
家飲みの時には、近所のスーパーで
おつまみの一つとして
仕入れることが多いです。
小腹でセブンに寄った時も
常温のお弁当、お惣菜コーナーに
あるたこ焼きを買うことも
多いのですが、
この日、大発見をしました。
冷凍食品コーナーに
たこ焼きがあるのです。
「とろ〜り食感たこ焼き」です。
しかも、値段が210円。
この値段で6個も
入っています。
僕は、家に帰るなり
チンしてソースをかけて
スタンバイ。そうだ!
青海苔があった!
とうわけで、家にあった
青海苔にマヨネーズも
冷蔵庫から持ってきて
かけます。プーンと
ソースのいい匂いが
漂います。
一口行くと、火傷しました。
中はクリームのように
とろりとしていて
熱い溶岩が一気に口の中を
占有したのです。
でも、味は抜群です。
タコの風味がきちんとして、
関西で食べたたこ焼きに近い
素晴らしさです。
これは参りました。残りの
5個は、念入りにフーフーして
いただきましたが、同じセブンでも
常温で売っているたこ焼きの
数倍美味しいです。
値段も言うことなし。
全般に、セブンの冷凍食品の
コスパは抜群ですが
これは大発見でした。
というわけで、そうでなくても
パンパンのうちの
冷凍庫では、今日も
このたこ焼きが
カチンカチンで
僕の帰りを待っているのです。










posted by トッチ at 18:57| Comment(0) | 買ってみた!食べてみた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

立川談志師匠の愛した憧れの中華!銀座「東生園」

談志師匠IMG_8064 (002).jpg
ずっと前から来たかった
お店です。というより
憧れてきたお店です。
何しろあの
立川談志師匠が愛した
お店だからです。
その名も北京料理の
「東生園」。間口は狭く
本格中華という感じでは
ありますが、高級店でもなく、
町中華でもない。
気軽に入れる感じが
いいのです。
談志師匠IMG_8071 (002).jpg
談志師匠IMG_8069 (002).jpg
メニューは数ページに渡って
本格的な料理が
ズラリと並んでいます。
値段は安くはありませんが
ほとんどが1000円台。
小皿、中皿と量によって
値段設定が違うので
使い勝手のいいお店です。
僕は、ハイボールを
注文してメニュー検討に
入ります。
談志師匠IMG_8079 (002).jpg
まずは、チャーシューと
ネギの辛し和え900円です。
これがおつまみに絶好でした。
細切りのチャーシューと
ネギがラー油ベースのタレに
からめてあって、
飲む気満々の僕にとっては、
ありがたき幸せ。
あっという間に、
ハイボールおかわりです。
談志師匠IMG_8080 (002).jpg
これは王道の餃子680円。
肉餃子という感じで
旨みが溢れる僕好みの
味です。店内には、
宴会の若いサラリーマン
グループが、奥の
半個室のような
大きいテーブルで
楽しそうに飲んでいます。
おひとり様のOLさん、
ご高齢の男性グループなど
客層は幅広い感じです。
談志師匠IMG_8083 (002).jpg談志師匠IMG_8084 (002).jpg
さて、ここでガツンと
肉団子1500円です。
これが、かなりの
ボリュームで食べ盛りの
おじさんにピッタリの
メニューです。
甘酢ソースを
つけていただきます。
まさに、肉を食べていると
実感できます。
僕は、半分を甘酢ソースで
半分を備え付けの醤油を
かけて、味の違いで
2倍楽しみました。
最後は、ラーメンか
チャーハンと
思っていたのですが
ここまでかなり飲んだのと、
思いのほかボリュームのある
料理にけっこうお腹は一杯で、
悩みに悩んでスープを
思いつきました。
談志師匠IMG_8085 (002).jpg
野菜スープ1000円です。
これで、野菜もたっぷり
いただけて、
栄養バランスも
バッチリでしょう。
当然僕のことですから
このスープもつまみに
ハイボールを飲みました。
いいお店でした。
いわゆる食通の皆さんが
推奨するような
サプライズのある
味ではなく、王道の
昔ながらのちゃんとした味の
中華料理屋さんです。
値段も納得価格!
さすが談志師匠!
いいお店を教えてもらいました。
この味で、深夜まで
営業しているのも
貴重な存在と思いました。
また、絶対来ようと
思います。

<お店情報>
東京都中央区銀座6-2-7
銀座駅より徒歩3分
銀座駅から296m
営業時間
ランチ 11:00〜14:00
ディナー 17:00〜深夜1:30
定休日は土・日・祝
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒東生園 (トウセイエン)








posted by トッチ at 18:15| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

うどん飲み!日比谷「ナダバン バイ ハル ヤマシタ」

日比谷うどんIMG_8192 (002).jpg
この日は、ビッグカメラで
買い物をして奥さんと
待ち合わせて、
日比谷ミッドタウンへ。
初めて入りましたが、
セレブな雰囲気で
新橋サラリーマンの
僕には、ちょっと居心地が
悪い感じです。
歩き回って疲れたので
ミッドタウン内で
お店を探しますが
けっこうな高級店ばかり。
さらに奥さんは、ダイエット
強化月間であまりヘビーな
お店はイヤとのこと。
で、見つけたのが、
うどん屋さんです。
「おうどん・薪炉端焼」
という謳い文句のお店ですが、
店名が難解というか
不思議ちゃんで、
「ナダバン バイ 
ハルヤマシタ」という
ようです。
日比谷うどんIMG_8198 (002).jpg
メニューは高級レストラン風ですが
価格は安くはありませんが
それほど高くもありません。
場所柄、品のよい
カップルや高齢夫婦も
いらっしゃる一方、
子供のいる家族連れも
いらっしゃいます。
しかも、夕食時とあって
店内はほぼ満員。
店員さんが忙しく
動き回ります。
日比谷うどんIMG_8201 (002).jpg
僕は、いつものように
ハイボールでスタートします。
僕たちが案内されたのは
テラス席。夕方の
気持ちよい風の中で
のむハイボールの
美味しいこと。
ビルの2階の店舗ですが
陽が長くなり、
夕闇迫る微妙な光の
日比谷公園が目の前に迫る
絶好の席です。
日比谷うどんIMG_8202 (002).jpg
こういう場所で飲んでいると
ちょっとセレブな
気分になります。
それほど高くはない
お店で、この素晴らしい
景色を楽しめるテラス席は
すごく得した気になります。
日比谷うどんIMG_8195 (002).jpg
日比谷うどんIMG_8196 (002).jpg
メニューは、かなり
お手頃なものもあって、
安心して頼めます。
奥さんは、あっさり
サーモンがいいというので
それに加えて、
隣のテーブルの
老夫婦がおいしそに
食べていた肉じゃがも
注文します。
日比谷うどんIMG_8210 (002).jpg日比谷うどんIMG_8204 (002).jpg
薪藁焼と称する
サーモンのたたきは、
レアで、一口食べると、
香ばしい香りが広がります。
ポン酢であっさりしているので
いくらでも食べられます。
肉じゃがは、鳥肉ですが
僕の大好きな甘口の甘辛で、
この煮汁を白メシに
かけて食べたいほど
ストライクの味でした。
日比谷うどんIMG_8208 (002).jpg
薪炉端焼が売りのようなので
地鶏の薪炭火焼というのを
注文します。薪で焼くのか
炭で焼くのか、何とも
思議なネーミングですが
「なだ番」伝統のタレという
コピーに惹かれて注文しました。
これが、抜群でした。
タレがすばらしいのです。
香ばしく焼けたもも肉は
柔らかく、タレを
たっぷりからめて
食べるともう、
ハイボールが
止まりません。
ダイエット中の
奥さんもこれには
たまらず食べていました。
日比谷うどんIMG_8213 (002).jpg
〆はシンプルに
かけうどんです。
うどんやさんだけあって、
いい出汁です。
上品ですがしっかりした旨み、
塩味もビシッと決まっていて
僕の好みの味でした。
麺は腰があるというより
硬いと感じるほどで
僕の好みとは違いますが
食べ応えがあります。
というわけで、
かなり気分よく飲み
美味しく料理をいただきました。
テラスの眺めが
美味しさを何倍にもしてくれた
効果もあったと思いますが、
納得の値段も含めて
いいお店と思いました。

<お店情報>
東京都千代田区有楽町1-1-2
東京ミッドタウン日比谷 2F
東京メトロ千代田線・日比谷線 ・
都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅直結(徒歩4分)
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・
銀座線「銀座」駅直結(徒歩5分)
JR山手線・京浜東北線「有楽町」駅(徒歩5分)
日比谷駅から168m
営業時間
[平日]
ランチ 11:00〜15:30(L.O.15:00)
ディナー 17:30〜23:00(L.O.22:30)
[土・日・祝]
ランチ 11:00〜16:30(L.O.16:00)
ディナー 17:30〜23:00(L.O.22:30)
日曜営業・無休
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒ナダバン バイ ハル ヤマシタ










posted by トッチ at 15:56| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク