2017年01月25日

バームクーヘンと牛乳

バームクーヘンIMG_1438 (002).jpg
バターと卵の焼ける甘い匂い。
その匂いをかいだだけで
幸福感に包まれます。
中でも、バームクーヘンと
マドレーヌ。
僕はこれが大好きです。

子供の頃、母親が
マドレーヌを焼いて
くれたことがあって、
あまり膨らまずに
スコーンのような
硬いマドレーヌに
なってしまいましたが、
焼けるまでオーブンから
立ち上る匂いに僕は、
こてんぱんにやられて
しまったものでした。

もう大人になってから、
バームクーヘンが
少し流行ったときに、
デパートに店舗を出した
バームクーヘン専門店が
店頭で長いバームクーヘンを
豚の丸焼きをつくるときみたいに
グルグルまわして
焼いているのを見ていたときも、
その匂いの素晴らしさに
思わず買ってしまったものでした。

その匂いは、過去のいくつもの
いい思い出と結びついていて、
僕を幸福にしてくれるのです。

写真のバームクーヘンは、
近所のスーパーで最近よく買う
バームクーヘンです。
ちょっと、我が家でブームです。
焼きたてではないので、
匂いはもう一つですが
味はなかなかのもの。
クリームチーズの味が
しっかりと何層にも
重なって、しっとり
ギッシリ、味がつまっていて
実に美味しいのです。
僕はこれを、紅茶でも
コーヒーでもなく、
牛乳と一緒に食べるのが
大好きです。
あっ、これも子供の頃の
思い出が影響しているの
かもしれません。
とにかく牛乳があれば、
あっという間に半分ほどが
ぺロリ。
毎回食べ過ぎないよう
我慢するのが切ない
おやつなのです。

posted by トッチ at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 世の中甘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

銀座ランチでちょっと贅沢

銀座ランチIMG_1459 (002).jpg

銀座ランチしょうがIMG_1466 (002).jpg
銀座にもサラリーマンの
味方といえるいい
居酒屋さんがあります。
そこでやっているランチが
いいのです。
しかも銀座なのに
そんなに高いわけでは
ありません。
僕は、昼間に銀座界隈に
来たときは、そんなお店で
よく定食を食べます。

このお店では、
ランチに5、6種類の
メニューがあり、さらに、
タマゴ、納豆から、
お浸し、煮物小鉢など
サイドオーダーも充実。
僕はまず、マグロぶつ切り定食に、
本来定食のメニューですが、
単品で豚しょうが焼きのみを
注文します。
この辺の注文の仕方が、
食いしん坊のプロだなあ、
などと自画自賛して
待っていると、
程なくぶつ切り定食が
出されます。
しょうが焼きはいま
焼いていると僕に告げると、
店員さんは忙しそうに
他の客さんの帰った
テーブルの片付け
にかかります。

よしよし、まずは
マグロで行くとするか。
いいマグロです。
中トロといっていいぐらい
脂がきれいに霜降りになった
ものと、赤身がいい具合に
混じってはいっています。
山葵醤油にして
たっぷりこれをつけると、
まずは一切れパクリ。
いい、中トロです。
白いご飯、白いご飯と
叫びそうになった
ぐらいです。
いやー、たまりません。
刺身は日によって
凄くいいときと
そうでもないときが
ありますが、
今日は大当たり。
パクリ、パクリと
立て続けにいきます。
猛烈にご飯が進みます。

と、そこへジュウジュウと
音を立てそうに湯気を
立ち上らせるしょうが焼きが
やってきます。
いい匂いです。大好物の
しょうが焼き。お店によって
いろいろな味付けの個性が
楽しめるのも
うれしい限りですが、
このお店のは濃い目。
僕の好みです。
ご飯が進む進むクンです。
ガツガツいきます。
味噌汁をはさむと
再びマグロへ。
熱いしょうが焼きと
打って変わってひんやりした
刺身の美味しさ。
こういうちょっとした贅沢が
本当に僕を幸福に
してくれるのです。
ああ、昼から食べ過ぎて
しまいました。
ごちそうさまでした。
posted by トッチ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

「牛カツ60秒」に大満足

牛カツIMG_1445.jpg
先週のことです。
「牛カツ60秒で揚がります」
という文字が僕の目に
飛び込んできました。
京都発の牛カツ専門店
とのことです。
ゴクリ!
この日は、ささっと、
立ち食い蕎麦でも食べて
早く家に帰ろうと
思っていたのですが、
この看板にやられて
しまいました。

牛カツ。食べたことは
ありませんが、
うまそうです。
即断即決。店に入ると
オープンして間もないのか
店員さんが
「はじめてのお客様ですか?」
と僕に尋ね、いろいろ
丁寧に説明してくれます。
僕は、お薦めに従って
とろろの付いた
セットにします。
値段はちょっと高め、
1380円。
まあ、牛カツだから
仕方ないでしょう。

あっという間の60秒。
立ち食い蕎麦並みの
早さで立派な定食が
運ばれてきます。
食べ方をこれまた丁寧に
店員さんが説明してくれます。
タレは3種。まずは、
わさび醤油でいきます。
うんうん、想像通りの
美味しさです。
肉はレア、食べやすい
赤身肉です。
パリパリで薄い衣の
理由がよくわかります。
これが分厚いトンカツのような
衣だと、レアな肉の柔らかで
繊細な味の邪魔になります。

次は山椒塩。これもよし。
肉の味がよくわかります。
そもそもレアの牛肉は、
牛独特の匂いが気にならず、
食べやすいのですが、
山椒の風味が丁度いい
アクセントになります。
次にソース。これは
揚げ物には鉄板の美味さ。
ご飯がグングン進み、
この時点で、おかわりすることを
決意し、おかずの配分を
塩梅します。
お椀は赤だし。僕の大好物。
これだけでご飯一杯
いけてしまう味です。

さて、ここで小さな
カレーをつけて食べます。
これが嬉しいですね。
ご飯をいけば
カツカレーです。
しかしこれは、
牛肉の旨みを
打ち消すような
ところもあったので、
僕は、ご飯に一気に
カレーをかけ、
これで一杯目の
ご飯を完了。

キャベツを食べながら、
おかわりを待ちます。
さあ、ここから
追い込みです。
とろろをつけて次の
一切れを食べ、
最初のわさび醤油に
戻ります。ローテーションを
きっちり守って2周し、
最後に残ったご飯に
とろろをかけて、
一気食い。大満足。
ごちそうさまでした。
この店にしてよかったです。
美味しかったし、
いろんな食べ方ができて
楽しかったです。

でも僕は、カツという
料理法は豚肉の方が
合っているように
思いました。
まあ、あくまでも
好みの話ですが。
posted by トッチ at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク