2018年06月20日

伊東温泉へB「夕方寝で体調万全にして夕食に挑む」

伊東トリミングIMG_1810 (002).jpg
結構な量のワインを短時間で
飲んでいたので、
海岸散歩ぐらいの酔い
覚ましでは、全く覚めない
状態でチェックイン。
醜態はさらすことなく
スマートに手続きを
すませ、部屋へ
案内してもらいましたが、
おそらく仲居さんには、
アルコールの匂い
プンプンだったのだろうと
思います。
まあまあ、ここは、
リゾート地ですから、
そんなことでとがめられる事も
ありませんが、
何だか温泉旅行が
楽しくて楽しくて
子供のようにはしゃいでいるように
見られたような気がして、
ちょっとかっこ悪いななどと
思いましたが、
実は、その通りで、
テンションが上がりすぎて
奥さんが制止するのも聞かず
きれいさっぱりワインどころか
予備で買っておいたハイボールまで
飲みつくしていた僕なのでした。

大きな露天風呂にザブンと浸かっては
上がって、外の風で体を冷やしてから
またザブーン。ってなことを、
何度も繰り返すのが、
僕は大好きで、
奥さんよりも長風呂なのです。
やっぱり温泉は、いいですね。
生き返る気がします。
酔いもすっかり吹っ飛びました。
お湯から上がると、
ビールを1本。クー、
この一杯がたまらないのです。
旅行中は、プリン体のことは
気にしません。
と、猛烈な眠気が襲ってきます。
長風呂で少し疲れたせい
かもしれません。
ここは思い切って、
一眠りです。
ああ、極楽極楽。
これぞ旅行ならではの
贅沢です。

一時間以上寝たようです。
夕食の準備が整ったとの
電話で起こされ、
食事処へいきます。
さあ、お待ちかねの時間です。
伊東トリミングIMG_1803 (002).jpg
寝起きで朦朧としていた
せいでしょうか、
冷酒を頼んだのですが、
写真撮影を忘れてしまいました。
料理写真も途切れ途切れに
なってしまいましたが、
八寸、お椀、お造りと、
本格的な料理が
次々と出てきます。
どれもこれもおつまみに絶好。
眠ったおかげか温泉のおかげか
体調も万全なので
ズンズン日本酒が進みます。
伊東トリミングIMG_1808 (002).jpg
お造りには、本山葵がついていて
自分で擂って使います。
さすが伊豆、山葵の本場です。
というのを、少し前の、
「ブラタモリ」でやっていました。
お刺身も新鮮です。
いくらでも日本酒が
入っていきます。ところが、
この辺で、日本酒がかなり
回ってきます。やはり、昼から
大量に飲んでいるので、
アルコールを分解する肝臓が
へたってきているのかもしれません。
その後、焼き物、主肴、箸休め、
酢の物、食事と、
ご馳走が続きます。
当然お酒のペースも
落ちません。
何しろ美味しいものばかり。
と、書きましたが、酔いのせいで、
お造り以降の料理のことは、
よく覚えていないのです。
和洋取り混ぜた
抜群に美味しいものだった
というのはうっすら覚えていますが、
写真すら忘れる始末。
なんとも面目ない
僕なのでした。
この続きは、また
次回書こうと思います。




posted by トッチ at 18:34| Comment(0) | 温泉!温泉!温泉! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク