2018年08月31日

店頭のハタにやられた!小諸そば「和風冷麺」。

小諸冷やしIMG_2440 (002).jpg
立ち食い蕎麦は
圧倒的に温かい派だった
僕ですが、これだけ
連日暑い日が続くと、
冷たくて体を冷やしてくれそうな
冷たいお蕎麦が
食べたくなりました。
正確に言うと、小腹を
満たすため、
温かいのを食べるつもりで
行ったのですが、
店頭のハタにやられて
しまったのです。
「和風冷麺」。
このネーミングも
シズッてしまって、
券売機のボタンを
押してしまったのです。
小諸冷やしIMG_2432 (002).jpg
冷たい丼に
見た目も爽やかな
麺が実に旨そうに
盛り付けられています。
具材は鳥肉、蒲鉾、胡瓜。
夏らしいグッドなメンバーです。
これに胡麻ダレが
かかっているのです。
一口すすると、
素晴らしく香ばしい
胡麻の風味。肉や
蒲鉾の旨み、胡瓜の
パリパリした食感。
実に計算された、
見事な夏向き冷麺です。
この味、病みつきに
なりそうです。夏限定のメニュー
とのことですが、
冬場にも出して欲しい
ぐらいです。
半分ほど味わったところで
長葱と七味を投入。
味の変化を楽しみます。
(小諸そばは、長葱入れ
放題なところがうれしいのです)
貧乏な若い頃からずっと
お世話になってきた
小諸そばですが、
またまた、
やられた感じがします。
ごちそうさまでした。





posted by トッチ at 13:55| Comment(0) | 小腹というより中腹か? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

「鳥焼き&卵の二色重」に一目惚れ。

キジ重IMG_1268 (002).jpg
ランチの時のこと。
朝から鳥そぼろ丼が
食べたくて、
のたうちまわって
いたのですが、
目星をつけていた
焼き鳥屋さんには
置いていなくて
がっくり。
暑い中、焼き鳥屋さん
巡りをして探す
根性もなく、
そのお店で
焼き鳥定食か
唐揚げ定食か
悩んでいると、
鳥焼き重的ネーミングの
定食があることを発見。
他のお客さんが
食べているのを見ると、
どうも、鳥肉と
タマゴのそぼろとの
二色重のようなものがあり、
僕はこれに違いないと確信して、
注文しました。
僕の見立て通り、
写真のように見事な
二色重が僕の前に
運ばれて来ました。
いいじゃないですか。
そぼろではありませんが、
見た目はオーケーです。
もやしのナムルのような
ものがついているのも、
ありがたき幸せ。
健康のためベジファーストで
スタートしました。
さて満を持して、お重です。
鳥焼き部分から
攻め込みます。
鳥肉とご飯を一緒に
丁寧に持ち上げてパクリ。
甘辛の焼き鳥タレが
よく絡んでいて、
素晴らしい味です。
鳥は香ばしく焼かれていて、
少し焦げているところが
またいい風味なのです。
タマゴは甘く優しい味。
これも僕の好みドンピシャです。
この時点で大盛りに
しなかったことを後悔。
お重ものの大盛りは
おかずが足りないことが
多いので、僕は大体
普通盛りにするのですが、
ここのは味もしっかりで、
鳥肉は見た目より
量が多く感じられ、
ご飯はやや上品な盛りなので
おかずが余ってしまう
勢いです。
ここからは
慎重にご飯の配分を
しながら食べ進みます。
鳥スープも旨味たっぷり、
味付け濃いめ。
ご飯にかけて
食べたいぐらいの
美味しさです。
超満足です。
ランチで
思いもよらず
美味しいものに
出会えると、
凄く得した気分に
なれます。
今度は夜来てみようと
思います。










ラベル:二色重
posted by トッチ at 12:47| Comment(0) | 鼻歌ランラン・ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

迷宮探訪!新橋駅前ビル2号館「かずみんや」。

かずみんやIMG_2448 (002).jpg
新橋駅前ビル2号館は
なんだか闇市のような
怪しい雰囲気で、
一見さんが入るのは、
ちょっと怖い感じがしますが、
勇気を出して飛び込むと
実に味のあるいいお店が
そろっていると思います。
「かずみんや」というお店は、
「文春オンライン」で
紹介されていたお店で、
いい雰囲気の
立ち飲みのお店です。
てるみんIMG_2403 (002).jpg
初めてのお店なのでハイボールを
ゆっくり飲んで徐々にエンジンを
温めていきます。
ここは、どうも常連さんが多く、
お客さん同士が
親しげに挨拶を交わしています。
僕はカウンターの端っこに
陣取り、お店の雰囲気の
邪魔にならないよう、
静かに飲むことにします。
てるみんIMG_2407 (002).jpg
まずやってきた
おつまみは、お浸し。
こういう家庭的なお店では
こういうおつまみが、いいのです。
癒される優しい味です。
立ち飲み屋さんというと
おじさんばかりかと
思いきや、結構、若いお客さんが
楽しげに飲んでいます。
この日だけかもしれませんが
女性比率も高く、
なんだか安心できるお店です。
てるみんIMG_2406 (002).jpg
次のおつまみは、
「だし」をかけた冷奴です。
「だし」は、夏野菜や香味野菜を
刻んで漬け込んだ、
山形の郷土料理。
スーパーなどでも
最近は手に入るので
うちでもご飯のお供に
時々買っています。
これが爽やかで、
旨みたっぷりで素晴らしく
美味しいのです。
食欲のない時など
こいつがあれば
スルスルと
ご飯が入っていきます。
こうやって、豆腐にかけると、
いいおつまみになります。
ハイボールも
スルスルと入っていきます。
てるみんIMG_2409 (002).jpg
さて、ここでやってきたのが、
楽しみにしていた
「タコさんウインナー」。
ここのは、赤いウインナーでなく
シッカリ本格派の
ポークウインナーです。
家庭的なお店の
こういうおつまみが
僕は大好きです。
ケチャップをちょいとつけて
パクリといく。
ハイボールがスルスルいく。
最後のおかわりをして、
残しておいた冷奴と
ウインナーで酔っ払いを
仕上げていきます。
時間的には30分ちょっとで
かなり酔ってしまいました。
初めての店では、
長居をせずに
足元がふらつかないところで
お会計です。
これが、おじさんとして
精一杯の、ちっぽけなダンディズム。
いいお店を知りました。






posted by トッチ at 17:03| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク