2019年01月01日

割烹も楽しめる白金高輪「蕎倫」で年越し蕎麦。

年越しそばIMG_5211 (002).jpg
新年あけまして
おめでとうございます。
本年もジミにではありますが
食べて飲む一年にしたいと
思います。

さて、話は1日時間が
戻りますが大晦日の話です。
年末の休みに入ると
大掃除に年賀状づくり、
あっという間に31日。
お正月ための買い出しに
あっちこっちの専門店や
スーパーをはしごし、
家との間を3往復して
気付きました。
お腹ペコペコの
ペコ太郎なのです。
お蕎麦屋さんは、
どこも満員で、
行列のあるお店も
あり、奥さんは
疲れでご機嫌斜め。
こんなときは、
いいお店で
ゆっくり飲み食事するに
限ります。
白金高輪駅から、
少し歩きますが、
住宅街のど真ん中に
突然現れる
割烹料理店のような
品のいい蕎麦屋さん
「蕎倫」(キョウリン)。
ここは以前、
「井上」という
割烹料理屋さんだった
ところで、現在の店主は
その息子さんです。
「井上」のころから、
息子さんの打った蕎麦を
〆で食べることは出来ましたが
現在は、お蕎麦をベースに
美味しい日本料理を
つまめる素敵な
お店になっています。
ちなみに、
同じ白金高輪にあって
タモリさん行きつけの
お蕎麦屋さんの名店
「夢呆」は親戚筋で、
そこで蕎麦打ちの
修行をされたようです。
年越しそばIMG_5213 (002).jpg
僕は、渇いた喉を
冷たい芋焼酎で
潤します。
ここは、お任せコース
8品6000円が
お薦めのようですが、
僕は、メニューを
自由に眺め、
井之頭五郎さんのように
自分の戦略をたてて
食べるのが好きなので、
アラカルトで行きます。
話はそれますが、
大晦日の「孤独のグルメ」の
生放送、素晴らしいものでした。
伊東四朗さん、松重豊さん、
新たなる名コンビの誕生か?
と思わせてくれる
絶妙のやりとり!
名古屋メシの
「台湾ラーメン」を
お正月休み明けに
食べに行く決意を
堅くした僕なのでした。
年越しそばIMG_5218 (002).jpg
ぶりなめろう。
鰤のなめろうは
珍しいので注文します。
ここ「蕎倫」は、
「井上」の頃から
うちの奥さんが好きなお店で、
時々、思い出したように
来るお店です。
メニューは、
「井上」よりも
繊細で手の込んだものが
多くなっています。
このぶりなめろうも
上品な味付で、
焼酎のお供に絶好です。
年越しそばIMG_5220 (002).jpg
金時草ときのこのみぞれ和え。
洗練された味付です。
先代「井上」の料理は
どちらかというと
大衆にわかりやすい
骨太の割烹料理。
ここ「蕎倫」は、
若い感覚で
この時代の洗練を
目指しているように
感じます。
年越しそばIMG_5222 (002).jpg
「天抜き」です。
いわゆる天麩羅そばの
そば抜きですが、
車海老のかき揚げで
つくってくれました。
メニューにはありませんが
いやな顔もせずに、
対応してくれました。
僕は、天麩羅は塩で
食べるのではなく
天つゆで食べたい方で、
天つゆよりも
「天抜き」が好きなのです。
これは、素晴らしい
おつまみになります。
これだけで、何杯でも
焼酎が飲めます。
おつゆは濃いめで
僕の好みにピッタリ。
当然ですが、
おつゆまできれいに
飲み干しました。
年越しそばIMG_5228 (002).jpg
〆は、年越しそば。
セイロでいきます。
石臼挽きの手打ちそばで
しっかり腰があり
僕などが言うのも
失礼かもしれませんが
「井上」の頃より
上達している
気がしました。
この蕎麦をつまみに
最後の一杯を飲むと、
実に心地よい
酔いと幸福感に
包まれます。
奥さんも上機嫌。
いい年越しそば、
いい大晦日となりました。

<お店情報>
東京都港区白金3-21-11
都営三田線/東京メトロ南北線 白金高輪駅より徒歩8分
白金高輪駅から371m
営業時間
[月〜日]18:00〜23:00(L.O22:30)
※不定休
ご心配な場合はお問い合わせください。
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇨蕎倫
★台湾ラーメンなど名古屋メシを食べて飲める
東銀座のお店「gzぐず」はこちらで⇨gz (ぐず)










posted by トッチ at 19:19| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク