2019年01月05日

熱海温泉旅館「せかいえ」@新幹線60分勝負!

せかいえ行き新幹線IMG_4952 (002).jpg
少ないとはいえ
ボーナスも出たし、
年末の贅沢、一年の
お疲れ様、自分にご褒美。
いろいろ言い訳がましい
理由をつけてはいますが、
僕は温泉が大好きで
繁忙期の年末に
奥さんと休みを合わせ、
何とか予約をゲット。
熱海温泉の「せかいえ」という
旅館を目指します。
ここは、ちょっと高級、
僕としては、かなりの
贅沢ですが、
平日だと料金がかなり
割安になるのでそれを狙い、
うまくいったわけです。
タイムセールなどが
あるとさらにお得に
なることもありますが、
さすがに年末は
難しいようです。
とはいえ、年末に
旅館が取れたことだけでも
ラッキー。贅沢温泉旅行への
期待は高まります。
せかいえ行き新幹線IMG_4940 (002).jpg
新幹線の宴会弁当選びの
時点ですでに
贅沢気分だった僕は、
僕史上最高価格の
お弁当にチャレンジ。
有名な笠原将弘氏が監修した
「賛否両論」弁当です。
確か約1600円。
かなりの贅沢です。
どのおかずも、
凝った味付で、
おつまみに絶好です。
大振りの鰤は
素晴らしい味付、
チキン南蛮はガツン、
クリームチーズに
燻りガッコが
組み合わせてあったり、
卵焼きに蟹の餡が
かかっていたり、
値段が高いだけあって
贅沢なおつまみが
ズラリと揃っています。
僕は、普段はしない
贅沢に舞い上がって
しまって、何を
食べても感激して
しまいましたが、
奥さんが冷静に
「値段ほどではないね・・・」
とつぶやいていたのが
気になりました。
せかいえ行き新幹線IMG_4947 (002).jpg
僕の旅行のお供の常連、
「崎陽軒のシウマイ」。
やはり僕には、
こういう庶民的な
味がお似合いです。
熱海まで約60分、
時間がないので
効率的に食べ飲まなければ
なりません。
新幹線のテーブルも
小さいので、
一つ一つ片付けて
いきます。
せかいえ行き新幹線IMG_4958 (002).jpg
お次は、味噌串カツです。
これは、名古屋メシの鉄板。
分かりやすい味で、
僕の大好物です。
賛否両論の上品な
味付の後に、
こういうのを
食べると、やはり僕には
こういう庶民グルメのほうが
断然合っていると
思うのでした。
せかいえ行き新幹線IMG_4962 (002).jpg
これは、チキンの
照り焼き。濃いめの味付けで
ワインがグングン進みます。
カットされてないのですが
物凄く柔らかいので
ガブリとかじると、
簡単に食べられます。
でも、美味しいタレで
口の周りはベタベタ。
子供じゃあるまいしと
奥さんに叱られながらも
幸福感に包まれます。
が、新幹線はすでに
小田原を出ていて、
すぐに熱海です。
今回は、ちょっと
品数を多く買い
過ぎたようです。
あわてて食べて
飲んで、片付けて
口の周りを拭き拭き
新幹線を飛び下りました。
慌ただしかったのですが、
超満足の新幹線宴会でした。

<旅館情報>
住所: 〒413-0002 静岡県 熱海市伊豆山269-1
■お車でお越しの場合
東名高速利用
・東京 → 厚木IC → 小田原厚木道路 → R135約1時間50分
・名古屋 → 沼津IC → 熱函道路 約3時間30分
■電車でお越しの場合
・東京 → 熱海 約45分
・名古屋 → 熱海 約2時間
熱海駅より(無料送迎あり)
※自社送迎車にてご案内致します。
(要事前連絡/予約コメントor電話)
駐車場情報
料金: 宿泊者無料
駐車時間: 制限なし
駐車場スペース: 制限なし
駐車場台数: 12 台 屋外
バレーサービス: あり(無料)
車高の低いお車は、玄関にてお預かりいたします
送迎あり(無料)
熱海駅の無料送迎(要事前予約/予約時コメントor電話)
★交通アクセスなど旅館のさらに詳しい情報はこちらで⇨ATAMI せかいえ
★賛否両論のお弁当の買えるお店の情報はこちらで⇨品川旬菜 北店










posted by トッチ at 18:38| Comment(0) | 温泉!温泉!温泉! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク