2019年01月19日

料理百名山㉘マツコさん絶賛「マルシンハンバーグ」。

マルシンIMG_5370 (002).jpg
マルシンハンバーグ。
若い人は知らない人の方が
多いと思いますが、
昨年末にTBSの
「マツコの知らない世界」で
紹介されて人気が再燃中とのこと。
僕が子供の頃は、
お弁当のおかずの
人気メニューでした。
今ほど冷凍食品の
クオリティが高くなかった
当時、ハム、ソーセージ
売り場にある
このハンバーグは、
子供たちの大好物でした。
フライパンで
焼くだけという手軽さ、
値段も手頃で、
世の母親たちにも
支持されたのでは
ないでしょうか。
当時の値段は
覚えていませんが、
僕が今回、買い求めた
値段は3個で198円。
1個60円ちょっと。
何という安さでしょう。
これを、発見したのは、
「肉のハナマサ」です。
おそらくハナマサ価格
でしょうが、高くても
100円前後と思われます。
庶民の味方です。
ハナマサは、僕が若いころから
知っていて、それは新橋にある
銀座ナインに入ってる店舗です。
飲食店向けのお買い得な
お肉屋さんでしたが、
当時貧乏だった僕は、
ここで安いお肉を
買い求めて、かなり
助かっていました。
ただ、業務用なので
1パックの量が多く、
冷凍にして使っていました。
現在この「ハナマサ」は、
あっちこっちで見かけるように
なりました。先日、
僕は、新橋で軽く飲んで
帰る途中、ふと懐かしくなって、
ハナマサ店内をパトロール中に
「マルシンハンバーグ」を
発見したのです。
まさか、こんなところで
出会えるとは。
僕の中では、子供の頃の記憶、
社会人になりたての頃の
記憶が、グルグル回って、
何だか胸がいっぱいに、
なってしまいました。
マルシンIMG_5412 (002).jpg
これは、朝ご飯の写真です。
朝は、面倒なので
あまり写真は撮らないのですが、
こいつを撮らないわけには
いきません。
胡椒たっぷりの目玉焼き、
ブロッコリー、そして
マルシンハンバーグ。
素晴らしいメニューです。
まずは、醤油をかけて
マルシンハンバーグです。
これは、ソース、ケチャップでも
いけますが、この日は醤油です。
味はかなりジャンキーです。
ハンバーグというより、
ハム、ハムというより、
スパムに近いでしょうか。
独特の味わいが
たまらないのです。
白いメシに、バチーンと
合うのです。
メシに合わせるなら
やはり醤油がいいのです。
お酒のつまみなら、
ケチャップが抜群です。
こういう味を、
若い人は知らないと
思いますが、
赤いソーセージが
好きな人なら、
きっと大好きになると
思います。
僕は、これを昭和を
代表する味、いや、
昭和の大発明だと
思っています。
料理百名山に
選定しないわけには
いきません。
僕は、朝からご飯を
おかわりです。
2杯目は目玉焼きを、
白メシの上に乗せて、
黄身を崩し、よく混ぜて
刻み海苔をかけて、
一気食いです。
最高の朝食でした。
マルシンハンバーグ、
ハナマサで買えることが
分かったので、
これからちょくちょく、
買いに行こうと思います。

★近所にハナマサがない方はこちらで⇨マルシンハンバーグ







posted by トッチ at 19:05| Comment(0) | 料理百名山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク