2019年01月22日

人気のお店でトンカツ飲み!白金高輪「大五」。

大五IMG_5463 (002).jpg
トンカツが無性に食べたくなる日が
あります。ソースをたっぷりかけて
赤ワインとやりたいのです。
そうです、トンカツ飲みです。
こんなとき僕は、白金高輪の
とんかつ・ステーキ「大五」に
向かいます。ここは、
この界隈でけっこう
人気店のようで、
入れなかったことも
しばしばありますが、
この日は、時間が早かったので
うまく入れました。しかも、
奥さんも合流するので
いろいろメニューを
頼めるので絶好の
トンカツ飲み日和です。
大五IMG_5466 (002).jpg
ワインを頼むと、
定食に付いてくる
お新香を出してくれます。
こういうところが
気が利いていて
いいお店なのです。
僕は、奥さんが合流するまで
少しおつまみを頼んで
エンジンを温めておきます。
大五IMG_5465 (002).jpg
キムチです。ここのキムチは
コクがあって辛過ぎず、
酸っぱすぎず、僕好みなのです。
白ワインのほうが
合いそうな味ですが、
赤ワインとの相性も
悪くはありません。
これを白いメシに乗せるのも
またグッドですが、
焦ってはいけません。
大五IMG_5469 (002).jpg
角煮が来たところで、
奥さんが登場。
しばし、このおつまみで
飲みます。飲みつつ、
お互い何を頼むか
真剣な会議です。
奥さんはカキフライ
といって譲りません。
僕は、トンカツのつもり
だったのですが、
隣のお客さんが
食べているのを見て
カキフライに心変わり
していたのです。
2人でカキフライでは、
シェアして色々な味を
楽しむという僕の
目論見が台無しです。
奥さんは、食べたいものは
食べる、食べたくないものは
食べない派なので、
2人ともカキフライで
何が悪いと主張します。
奥さん強し!
結局僕が折れて、
違うものを
注文することにします。
大五IMG_5472 (002).jpg
まず頼んだ、カキフライが
やってきます。
奥さんと2個ずつ
分け合います。
交渉の末、奥さんも
シェアして食べることに
何とか妥協してくれたのです。
ここのカキフライは、
大振りです。
中に大粒のカキが
2つ入っているのです。
だから、一口かじると
物凄いジュースが
口いっぱい広がります。
お店によっては、
カキの味の浸みた衣を
食べているような
所もありますが、
ここのはカキの旨みを
存分に楽しめます。
タルタルで味わい、
ソースで味わい、両方つけて
味わい、ワインが
どんどんなくなります。
どんどんおかわりします。
さて、僕が何を頼んだかと言うと
しょうが焼きか、鳥肉のソテーか、
悩みに悩んだのですが、
カツ重にしました。
そうです、カキフライで
ソースは味わえるので
しょうゆ味にしたかったのです。
大五IMG_5480 (002).jpg
カツ重です。奥さんは、
炭水化物抜きダイエットに
入っているので、
僕は、出汁の浸みた
トンカツのみを奥さんに
半分引渡し、ご飯は、
全部いただきます。
ここのカツ重は、
上品な出汁で、どちらかというと
薄味ですが、そこは、
お蕎麦屋さんで食べるカツと
違って、分厚く柔らかい
素晴らしいトンカツなので、
食べ応えは充分です。
カツは半分奥さんに
いってしまったので、
ご飯が比率的に多すぎますが、
ここで、残しておいた
キムチと角煮が活躍するのです。
カキフライも、
1個残っています。
これをいい塩梅にご飯に
配分していきます。
出汁の浸みたご飯を
キムチで包んで食べるのも
いいものです。出汁の旨みで
より美味しく感じます。
角煮は濃い味付けなので
おかずに絶好です。
マスタードをつけて
いただきます。
半分はご飯と食べた
カキフライのもう半分は、
ソースもタルタルも
たっぷりつけて、
残っている
ワインを片付けます。
そして、最後に残った
カツとご飯を
赤出汁をはさみながら、
井之頭五郎のように
一気食いします。
書き忘れましたが
ここの赤出汁がまた
素晴らしいのです。
これを白いメシに
かけて食べたいほど
美味しいのです。
超満足、超満腹の
夕食でした。
やはり、揚げ物と言うのは
人を幸福にする食べ物です。

<お店情報>
東京都港区白金1-25-21 日興パレス 1F
白金高輪駅 3番出口から約2分
白金高輪駅から223m
営業時間
11:30〜14:00(L.O)
17:30〜21:00(L.O)
定休日は月曜・第3火曜
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒大五 (だいご)











posted by トッチ at 14:35| Comment(0) | 幸福の酔っ払い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク