2019年05月31日

セブンおにぎり「鮭といくら」とコンビニ業界を考えた

セブンおにぎりIMG_7584 (002).jpg
食べる前から美味しいのは
分かっていました。
セブンのおにぎり、
「鮭といくら」140円。
何より驚かされるのは
包装のビニール一枚で
いくらの粒々を
保持していることです。
トラック輸送に見事に
耐えながらも、
一口かじるとふんわり
ほどけるご飯の絶妙の
握り具合。
噛むほどに鮭の旨みが
溢れだします。
高級な和食店などで
〆として出されることもある
この鮭いくら&白米の
黄金トリオを、
140円という価格で
実現するコンビニ業界の
恐るべき商品開発力。
コンビニというのは、
庶民には高嶺の花の
グルメを格安な
庶民グルメに
加工して提供してくれる
素晴らしい業態と思えます。
一方で、フランチャイズ店
オーナーが訴える過重労働に
対する返答は、当初、
杓子定規の冷酷なものでした。
自分さえ儲かればいいのか?
セブンの経営陣もようやく
世間の厳しい目に気付き、
対策を講じる動きとなりました。
以前からセブンのファンだった僕も、
この一件には、がっかり
させられました。
いい感じのテレビCMを
いくら流しても、
企業の獰猛な強欲を
見せ付けられる一件があると、
膨大な広告費を一瞬で
無にしてしまうものです。
どうかセブンファンの
期待に応える会社で
あってほしいと思います。





posted by トッチ at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

やま幸の鮪漬けユッケ丼!白金高輪「尾崎幸隆 丼」

マグロ丼IMG_7845 (002).jpg
久しぶりに情熱大陸で
有名になった「やま幸」の
マグロが食べたくなって
やってきました。
「尾崎幸隆 丼」という
ややっこしい店名ですが
丼にこだわりを感じます。
今回はマグロ漬けの
ユッケ丼です。
ご飯は白米と雑穀米、
お酢も赤酢と白酢を
選択できるので、
僕は、体のことを考えて
雑穀米に白酢を合わせました。
マグロ丼IMG_7850 (002).jpg
トッピングに
シラスをつけました。
ここは、トッピングが
豊富で、しかもグラムで
オーダーできるので
予算に合わせて、
気分に合わせて、
自由に丼を
カスタマイズできるのが
売りになっています。
マグロ丼IMG_7849 (002).jpg
まずは漬けマグロの
ユッケ丼のみを
味わいます。
山葵を醤油に溶いて
まぶしかけ、
卵の黄身と混ぜ合わせます。
で、ガッと一口。
素晴らしい味です。
これはいけます。
漬けマグロに
卵の黄身、よく合います。
というより、漬けマグロの
新しい食べ方です。
これに、ごま油を
たらしても美味しいと
思います。
いいものを発見しました。
今度、家でもやって
みたいと思います。
さて、大好物の
シラスもここで
投入します。
混ぜご飯のように
混ぜ込んでいただきます。
いやはや、素晴らしい
美味しさです。
あっというまに
食べつくしてしまいました。
一点反省が
あるとすれば、
僕が漬けマグロということを
計算せずに山葵醤油を
かけすぎて、少し
しょっぱかったことです。
「やま幸」さんごめんなさい。
今後は気をつけます。

<お店情報>
東京都港区白金1-17-2 白金アエルシティ B1F
「白金高輪駅」4番出口直結
白金高輪駅から159m
営業時間
[月〜金]
11:00〜14:30(L.O) 17:00〜20:30(L.O)
[土・祝]
11:00〜19:30(L.O)
定休日は日曜
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒尾崎幸隆 丼








posted by トッチ at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

良心的で確かな腕の割烹!田町「三味(みあじ)」

三昧IMG_7705 (002).jpg
田町の駅から慶応大学方向に
歩いて、裏路地に入ると、
「三味」という看板が見えます。
商店が少なく暗い路地なので
地味な看板ですが
けっこう目立ちます。
割烹、小料理のお店で
「みあじ」と読むようです。
店構えも地味ですが
僕はこういうお店が好きなのです。
何度か来たことのあるお店ですが、
いつも混んでいて、
入れないこともありますした。
この日は時間が遅かったせいか
ラッキーなことに入れました。
三昧IMG_7710 (002).jpg三昧IMG_7708 (002).jpg
メニューは、お酒のみに
嬉しいおいしそうなものばかり。
ハイボールで
お通しをつまみながら
検討しますが、
このお通しがいいのです。
量は少ないのですが
少しずつ美味しいものが
乗っています。
三昧IMG_7712 (002).jpg三昧IMG_7723 (002).jpg
まず頼んだのが、
子持ち昆布と
ふきの煮物です。
割烹料理という感じの
上品な味付けですが、
しっかりした旨みがあり、
ハイボールがすすみます。
コリコリの子持ち昆布、
シャキシャキのふき、
その食感もご馳走です。
三昧IMG_7715 (002).jpg
ホワイトボードの
メニュー、
鯵のお刺身です。
実に新鮮でプリプリの
食感がたまりません。
店内では、宴会のサラリーマンの
ボルテージが上がりに上がって
この静かなお店らしからぬ
騒音となっていますが、
どうやら常連さんによる
接待の様子です。
同じサラリーマンとして
分からないではないので
自戒しながら、
食べることに集中します。
三昧IMG_7716 (002).jpg
僕の大好物、マグロ納豆です。
いつも白いメシに
かけて食べたい衝動に
駆られますが、
おつまみにも絶好です。
三昧IMG_7721 (002).jpg
シラス茗荷です。
こういう大人のおつまみが
嬉しいお店です。
それでいて、値段は良心的。
お魚はもちろん、
お肉も含めて
何を食べても間違いない
きちんとした味、
板前さんの
楽しめる確かな腕を
感じられるお店です。
また来ようと
思います。

<お店情報>
東京都港区三田3-4-6
都営浅草線 三田駅から徒歩4分、
JR田町駅から徒歩5分
三田駅から372m
営業時間・定休日
[月〜金] 11:30〜13:30、17:30〜22:30
定休日[土・日・祝]
営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、
ご来店前に店舗にご確認ください。
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒季節料理 三味










posted by トッチ at 16:15| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。