2019年07月02日

タモリ倶楽部で紹介の中華立ち飲み!新橋「蘭蘭」

らんらんIMG_7175 (002).jpg
強烈なお店を見つけました。
そこは、やはりというか、
新橋駅前ビル2号館!
「タモリ倶楽部」で紹介された
ことが、たどたどしい文字で
書かれた看板がずっと前から
気になっていたのですが、
勇気がなくて入れなかったのです。
というのも、このビルに入って
左回りに進むと正面に
カウンターのみのゴチャゴチャした
お店があり、女将というより
ママがおられて時々、
目が合うのです。
何だかその眼力と
微笑が怖くもあり
魅力的でもあり、
これまで何度、入ろうか
どうしようか悩んだことか。
「蘭蘭」という中華料理の
立ち飲み屋さんです。
この日は、決意して
やってきたのです。
らんらんIMG_7170 (002).jpg
お店に入ると
やや中国語の
イントネーションが
感じられる上海出身という
ママが優しく迎えてくれます。
悪くありません。
お店は、買出しの食材や
様々なモノが雑然と
置かれていて、
ゴチャゴチャした
印象ですが、
妙に落ち着きます。
立ち飲みと思っていましたが
席もあるので空いているときは
座れるようです。
僕はハイボールを
注文しました。
らんらんIMG_7171 (002).jpg
するとお通しが
出てきます。
マグロの漬けです。
が、味は中華風というか
ニンニク風味でこれが
意外にいけました。
ポツリポツリと
お客さんが増えていきますが
ほぼ常連さんのようです。
話の内容からすると
業界人の方のようで、
何だか華やかな内容です。
すると、この方が
麻婆豆腐を注文されました。
「誰か乗る人いますか?」
とママがお客全員に
声をかけます。で、
僕は手を上げました。
らんらんIMG_7172 (002).jpg
やってきました。
ほとんど豆腐だけの
麻婆豆腐です。
作っているときから
物凄く辛い煙が上がっていて
目が痛くなるほどでしたが
食べてみるとやはり辛いです。
でも、味がジャンキーというか
後ひく味なのです。
一口食べると
もう一口食べたくなる
麻薬のような味なのです。
いわゆる本格麻婆豆腐ではなく、
家庭の味なのか、広い中国
どこかの地域の味なのか、
ここのママの
オリジナルの味なのか、
不明ですが、
不思議な美味しさなのです。
匂いにつられたか
常連さんがまた入ってきて
混んできました。
一見の僕は、
長尻せずにここで
引き上げましたが、
物凄いインパクトの
お店でした。
お会計も庶民的!
さすが、タモリさん、
よくもまあ、ここを
紹介してくれたものです。
混沌とした雰囲気の
新橋駅前ビル2号館を
代表するお店と言っていいでしょう。
また、来たいと思います。

<お店情報>
東京都港区新橋2-21-1 新橋駅前ビル2号館B1F
新橋駅から125m
営業時間
[月〜金・日・祝前]
17:00〜24:00
日曜営業
定休日は土曜日、祝日
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒蘭蘭












posted by トッチ at 17:03| Comment(0) | 酒飲みぶらり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク