2019年07月07日

伊豆熱川温泉「玉翠」へ@弁当2つで新幹線飲み!

熱川温泉行き新幹線IMG_8377 (002).jpg
温泉、温泉、温泉。
僕は、定年したら、
温泉地に移住しようかと
思うほど温泉好きです。
そして、温泉に向かう
電車の中で、
ワクワクしながら
飲むのが大好きなのです。
待ちに待った温泉旅行、
今回の目的地は、
伊豆熱川の名湯!
「奈良偲の里 玉翠」
という有名旅館です。
「ならしのさと ぎょくすい」
と読むようです。
熱川は、10数年前
バナナワニ園に
遊びに行って以来でしょうか。
久しぶりですが、
駅前のあちこちから
温泉の蒸気がモクモクと
上がり、湯量が豊富な
温泉地という印象です。
てなことを、思い出すと
期待で胸がいっぱいになり、
食欲も飲み欲もいっぱいに!
ワインでスタートします。
熱川温泉行き新幹線IMG_8367 (002).jpg熱川温泉行き新幹線IMG_8383 (002).jpg
明太子の「やまや」が
出しているお弁当です。
ちょっと高級ですが、
旅行の時はいいのです。
明太子が半本、ドーンと
ご飯の上に乗っているのが
たまらない景色です。
その横は焼き魚、
煮物、漬物など
味付はやや濃いめで
おつまみに絶好です。
まずは、明太子を
小分けして、白いご飯の
上に乗せてパクリ。
さすが「やまや」です。
ご飯と一緒で
丁度良いおつまみになります。
熱川温泉行き新幹線IMG_8372 (002).jpg熱川温泉行き新幹線IMG_8376 (002).jpg
もう一つのお弁当は、
「牛豚鶏の味くらべ」です。
お弁当の賞を
受賞したという
ワッペンもこの
お弁当を選んだ理由です。
これは、想像通りの
美味しさです。
味も濃いめで、
これまたおつまみに
絶好です。
我が家の場合、
お弁当と言っても
どちらかというと、
おつまみとしての
位置づけです。
この2つのお弁当を
奥さんとシェアして
飲むのです。
奥さんは、ダイエットなので
ご飯はほぼほぼ
僕が食べるのですが、
この日のために、
体重を2キロ落として
準備万端。
食べて食べて
食べまくる覚悟です。
熱川温泉行き新幹線IMG_8387 (002).jpg
などと、楽しく飲んで
食べていると、
もう小田原に到着です。
熱海乗り換えなので
ゆっくりしていられません。
が、ワイン小瓶を
開けたばかりなので
おつまみも投入。
「黒胡椒チーズ」です。
3種のチーズを
こんがり焼き上げた
という説明文に
惹かれて買いました。
これが、実に
スパイシー。
胡椒がピリッと
利いてチーズが
あとからやってくる
感じです。
小田原では僕たちの乗った
こだま号はのぞみに
抜かれるために、数分間
停車するので、
この間に飲めるのです。
というわけで、
熱海についたタイミングで
ワインも終了。
なかなか、好調な
滑り出しです。
この続きは、また
次回書こうと思います。

<旅館情報>
奈良偲の里 玉翠
住所: 〒413-0302 静岡県 賀茂郡東伊豆町奈良本39-1
■お車でお越しの場合
東京(東名高速)→厚木IC(小田原厚木道路)→小田原(有料道路)→熱海(R135)→伊豆熱川
■電車でお越しの場合
東京(伊豆急行踊り子号)→伊豆熱川 約2時間15分
東京(新幹線こだま・ひかり号)→熱海(各駅停車)→伊豆熱川 約2時間
※熱川駅からは無料送迎いたします。必ず事前にお電話にてご予約ください。
【時間】14時25分〜16時55分(30分間隔)
★さらに詳しい情報はこちらで⇨奈良偲の里 玉翠






posted by トッチ at 18:06| Comment(0) | 温泉!温泉!温泉! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク