2019年07月14日

伊豆熱川温泉「玉翠」へG修善寺名物あじ寿司飲み

熱川温泉修善寺IMG_8559 (002).jpg
天城越えを楽しみに
バス旅を楽しみに
バスに乗り込んだ
僕でしたが、
バスが出発し、
河津の街中から
山道に差し掛かった
あたりから、
パタリと記憶が
ありません。
バスの振動が心地よく
知らないうちに
眠り込んでしまったようです。
気付いた時は
見慣れた修善寺の駅近く、
いやいや、実に気持ちよく
眠りました。奥さんも
グッスリ。景色は全く
見られません
でしたが、エネルギーを
充填されたようです。
飲む気満々!お土産を
少し買って、
お蕎麦屋さんに
入って飲もうか、
奥さんと相談していると
目の前に超有名あじ寿司店
「修善寺駅弁 舞寿し」の
看板です。テレビの
グルメ番組などにも
よく登場する名店で、
僕も以前食べたことが
ある素晴らしいあじ寿司です。
「名物 武士のあじ寿司」
という暖簾もいいでは
ありませんか。「武士」は
「たけし」と読むようです。
即決でこれを買い込み、
売店で日本酒。三島まで
駿豆線で飲むことに
しました。
熱川温泉修善寺IMG_8560 (002).jpg
電車を待つ間、
駅のベンチで早くも
一杯やります。
こうなるともう、
アル中状態ですが、
バスで眠って体調万全。
冷たい日本酒が
旨いの何の!
他のお客さんは
そんな僕を見て見ぬふり
という感じでしょうか。
我ながら、凄い根性だと
思います。
熱川温泉修善寺IMG_8566 (002).jpg
熱川温泉修善寺IMG_8564 (002).jpg熱川温泉修善寺IMG_8569 (002).jpg
さて、中をあけると
あじの新鮮さにまず
驚かされます。
箱は小振りで1100円。
少々高めと感じますが、
中を見て納得です。
あじもタップリ
入っています。
山葵もフレッシュな
本山葵です。
まずは一切れ、
口に入れると
素晴らしい鮮度を
確認できます。
軽く〆てあるだけなので
江戸前のお寿司屋さんで
食べるお刺身のようで、
かなり高レベルと
感じました。
僕は、あじが好きなので
他の駅弁屋さんの
あじ寿司をいくつも
食べてきましたが、
そのすべてが、
〆すぎていて
あじが真っ白になって
います。長時間
保存できるよう
用心深く調理している
のでしょう。
僕は、これはこれで
好きなのですが、
「武士のあじ寿司」は、
超本格派。駅弁で
このクオリティには
驚かされます。
僕は、一切れ一切れ、
つまみながら、
ゆっくり飲みます。
青魚があまり好きでない
奥さんも、
この美味しさには
ビックリしていました。
熱川温泉修善寺IMG_8572 (004).jpg
駿豆線は、自然の中
というよりは、
日本の田園風景の中を
行く電車で、
僕は結構好きなのです。
天気が良ければ、
進行方向に
綺麗な富士山が見える
素晴らしい電車です。
あじ寿司は、
チビチビつまむつもりが
その美味しさに、
あっという間に完食。
乾き物を取り出して、
さらに飲みます。
日本酒で心地よく
酔った僕は、
まだ飲み足りません。
食べたりません。
三島駅で、飲むことを
決意したのでした。
この続きはまた
次回書こうと思います。

<お店情報>
名物 武士のあじ寿司
★さらに詳しい情報はこちらで⇨http://www.maizushi.jp/menu.html
<旅館情報>
奈良偲の里 玉翠
住所: 〒413-0302 静岡県 賀茂郡東伊豆町奈良本39-1
★さらに詳しい情報はこちらで⇨奈良偲の里 玉翠











posted by トッチ at 18:42| Comment(0) | 温泉!温泉!温泉! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク