2019年04月08日

目黒川で花見の後の二次会!目黒の老舗「花見鮨」

花見寿司IMG_7009 (002).jpg
昨日の続きです。
目黒川の花見で
冷え切った体を、
立飲ビストロ「シン」で
赤ワインを飲んで
程好く温めた僕と
奥さんは、目黒の街に
繰り出します。
権の助坂を上がり切り、
駅前の交差点を渡り、
山手線の陸橋も渡るとすぐ
右手に目黒の老舗鮨屋さん
「花見鮨」があります。
花見の後は、「花見鮨」
というわけです。
ここは、僕は若い頃から
時々来ているお鮨屋さんで、
めちゃくちゃ高くは
ないですが、そんなに
安くはない、納得価格の
いいお鮨屋さんです。
花見寿司IMG_6993 (002).jpg
寒かったので芋焼酎の
お湯わりでスタートします。
奥さんも、日本酒の
お燗で攻め込みます。
店内には、やはり
花見帰りでしょうか
かなり上機嫌の
グループが楽しそうに
板さんと冗談の応酬を
しています。
僕は、おつまみに
お刺身の赤身と烏賊、
鯵のたたきを
注文して準備万端です。
花見寿司IMG_6998 (002).jpg
立飲ビストロで
洋風の口になっていた
僕は、いきなり
刺身の素晴らしい
味に、日本人に生まれて
よかったと再確認します。
ああ、やはり僕には
しょうゆ味が
しっくりくるのです。
赤身はフレッシュな
香りが、烏賊はねっとりした
甘みが嬉しいのです。
ワインでエンジンが
かかっていたので
何だかこの日は
調子よくついつい
飲んでしまいます。
花見寿司IMG_7001 (002).jpg
アジのたたきは、
新鮮な鯵の身が
プリプリと口の中で
暴れているようで
実に美味です。
奥さんも、ご機嫌で
日本酒がすすんでいます。
花見寿司IMG_7004 (002).jpg
さて、ここで
僕の大好物、
ホタテ貝柱の
磯辺焼きです。
お刺身の味に染まった
口の中に香ばしく焼けた
貝の旨みと焦げた醤油の
何とも切ない香り。
これが抜群の
おつまみになるのです。
ここ、「花見鮨」は
お刺身以外にも
ちょっとした煮物
焼き物、蒸し料理など
季節に合わせた粋なおつまみも
おいしくて、僕の大好きな
お店なのです。などと、
調子に乗って
飲みすぎたせいか、
次の写真がお椀なのです。
花見寿司IMG_7005 (002).jpg
握りの写真を撮るのを
忘れていたようです。
小肌と白身に
巻物を食べた記憶は
あるのですが、
それ以外思い出せません。
ちょっと酔いすぎたようです。
もしかしたら、
醜態を晒していたのでは?
と、奥さんに
確認してみましたが
そんなことはないとのこと・・・。
うーん、でも奥さんも
けっこう調子よく
酔っていたので、実際は
どうだったか不安ではあります。
どうも歳のせいか
酔いがまわるのが
早くなったようです。
次回は、しっかりした
大人として、
きれいに飲みたいと
反省するのでした。

<お店情報>
東京都品川区上大崎2-16-2
JR目黒駅 徒歩1分
目黒駅から107m
営業時間
12:00〜13:30(L.O) 17:00〜23:30(L.O)
定休日は日曜・祝日
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒花見鮨 (はなみずし)

















posted by トッチ at 16:37| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク