2019年06月19日

立川談志師匠の愛した憧れの中華!銀座「東生園」

談志師匠IMG_8064 (002).jpg
ずっと前から来たかった
お店です。というより
憧れてきたお店です。
何しろあの
立川談志師匠が愛した
お店だからです。
その名も北京料理の
「東生園」。間口は狭く
本格中華という感じでは
ありますが、高級店でもなく、
町中華でもない。
気軽に入れる感じが
いいのです。
談志師匠IMG_8071 (002).jpg
談志師匠IMG_8069 (002).jpg
メニューは数ページに渡って
本格的な料理が
ズラリと並んでいます。
値段は安くはありませんが
ほとんどが1000円台。
小皿、中皿と量によって
値段設定が違うので
使い勝手のいいお店です。
僕は、ハイボールを
注文してメニュー検討に
入ります。
談志師匠IMG_8079 (002).jpg
まずは、チャーシューと
ネギの辛し和え900円です。
これがおつまみに絶好でした。
細切りのチャーシューと
ネギがラー油ベースのタレに
からめてあって、
飲む気満々の僕にとっては、
ありがたき幸せ。
あっという間に、
ハイボールおかわりです。
談志師匠IMG_8080 (002).jpg
これは王道の餃子680円。
肉餃子という感じで
旨みが溢れる僕好みの
味です。店内には、
宴会の若いサラリーマン
グループが、奥の
半個室のような
大きいテーブルで
楽しそうに飲んでいます。
おひとり様のOLさん、
ご高齢の男性グループなど
客層は幅広い感じです。
談志師匠IMG_8083 (002).jpg談志師匠IMG_8084 (002).jpg
さて、ここでガツンと
肉団子1500円です。
これが、かなりの
ボリュームで食べ盛りの
おじさんにピッタリの
メニューです。
甘酢ソースを
つけていただきます。
まさに、肉を食べていると
実感できます。
僕は、半分を甘酢ソースで
半分を備え付けの醤油を
かけて、味の違いで
2倍楽しみました。
最後は、ラーメンか
チャーハンと
思っていたのですが
ここまでかなり飲んだのと、
思いのほかボリュームのある
料理にけっこうお腹は一杯で、
悩みに悩んでスープを
思いつきました。
談志師匠IMG_8085 (002).jpg
野菜スープ1000円です。
これで、野菜もたっぷり
いただけて、
栄養バランスも
バッチリでしょう。
当然僕のことですから
このスープもつまみに
ハイボールを飲みました。
いいお店でした。
いわゆる食通の皆さんが
推奨するような
サプライズのある
味ではなく、王道の
昔ながらのちゃんとした味の
中華料理屋さんです。
値段も納得価格!
さすが談志師匠!
いいお店を教えてもらいました。
この味で、深夜まで
営業しているのも
貴重な存在と思いました。
また、絶対来ようと
思います。

<お店情報>
東京都中央区銀座6-2-7
銀座駅より徒歩3分
銀座駅から296m
営業時間
ランチ 11:00〜14:00
ディナー 17:00〜深夜1:30
定休日は土・日・祝
★地図などさらに詳しい情報はこちらで⇒東生園 (トウセイエン)








posted by トッチ at 18:15| Comment(0) | この店、この酒、この一品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク