2017年01月09日

「ロングアイランド・アイスティー」名前からして素晴らしい

ロングアイランドアイスティーIMG_0642 (002).jpg
僕は、若い頃、
二日酔いを知らないほど
お酒に強く、毎晩のように
バーに通うような生活を
していたことがあります。
初めて知ったバーが
お酒の美味しさ楽しさを
教えてくれたからです。
嗜好品といういいかたが
ありますが、
まさに探求すればするほど
奥が深い大人の世界なのです。
お酒には様々な
歴史や蘊蓄があり、
それを聞きながら飲むのは
本当にたのしいものです。
今回から、そのお酒に関する
ことも書いていこうと思います。

ロングアイランド・アイスティーは、
その名前に反して、強いカクテルです。
ニューヨーク州のロングアイランドで
誕生したとのこと。
ウオッカ、ラム、テキーラ、ジンの
入ったカクテルなので、かなり
強いのですが、本当に
アイスティーのように美味しく
飲みやすいのです。
女性の方は男性に勧められて
飲み過ぎると危険な
カクテルなのでご注意を。

ただ、このカクテル、
バーによって全然味が違います。
そもそもカクテル自体
そういうものですが、
レシピに従って作っても
微妙な加減で味が
全然変わってしまう
難しいカクテルなのだと
思います。
僕は、今まで本当に
美味しいものは数回しか
飲んだことがありません。
それは、本当にアイスティーの
ように爽やかで、スイスイ飲める
素晴らしいものでした。

今回飲んだものは、
おそらくテキーラが立ちすぎて
爽やかさに欠けるものだったのが
残念でしたが、
そういう味の差を
ああだこうだと想像するのも
カクテルの楽しみなのです。

posted by トッチ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | バーが僕を大人にしてくれた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク