2018年05月23日

庶民のご馳走「アジフライ」の研究。

アジフライIMG_0835 (002).jpg
アジという魚は、
刺身でも焼いても煮ても
干物でも美味しい魚ですが、
僕が一番美味しいと思う
調理法はフライです。
同じ青魚でも
イワシは脂が多すぎるので
塩焼きか丸干しにして
程よく脂を落として食べるのが
美味しい気がします。
サバは断然、〆サバ。
〆ることで水分が抜け、
味がギュット凝縮されて
青魚特有の旨みが
存分に味わえるからだと
思います。

では、なぜアジはフライなのか?
もともとアジは、どう調理しても
美味しく、青魚独特の臭みが
それほど気にならない魚です。
それが、フライになると、
やはり身から水分が程よく抜け
味が凝縮されます。
しかも揚げ油と一体となった
アジの青魚特有の脂は、
ある種の風味にさえ
感じられるのです。
それは、ラム肉と似ていて
嫌いな人にはダメでしょうが
香ばしく焼かれたラムは、
その独特のクセが、ある種
スパイスのような風味にも
感じられ、それ自体美味しいと
思えてくるものですが、
僕は、アジの青魚臭も同じで、
調理法によりこれが好ましくさえ
感じるようになるのだと
思うのです。

しかも、それに
ソースをたっぷりかけて
食べるわけです。
僕の好みは
ウスターソース。
このスパイシーさと、
酸味、甘みが庶民的な
アジという魚を、
極上のご馳走に
してくれるのです。
一流シェフの凝った
ソースなど不要。
アジフライは、
どの家庭でも味わえる
最高の料理だと思うのです。


ラベル:アジフライ
posted by トッチ at 15:33| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク