2018年05月26日

おつまみとしても優秀「海苔巻き」の研究。

すしかね巻物IMG_1244 (002).jpg
海苔巻きというのは、
なぜ美味しいのか?
子供の頃は、僕の家では、
お寿司といえば、
和菓子屋さんで買ってきた
かんぴょう巻きだったのですが、
その美味しさに全く気付いて
いなかったように思います。
子供としては、
にぎり寿司の代用品としての
位置づけだったように思います。
でも、大人になってみると、
そのかんぴょう巻きが実に
美味しいのです。

そもそも海苔巻きとは、
僕が思うに海苔の美味しさと
酢飯をメインに楽しむものだと
思うのです。
かんぴょうの甘辛味と
歯ごたえは、海苔の香ばしい
風味と旨みを引き立てる
引き立て役になっているのです。
特に海苔と一体となることで
それだけでは地味な味の
かんぴょうが何倍も
美味しく感じられるのです。
カッパ巻きを食べれば、
そのことがより
端的に感じられるのでは
ないでしょうか。
漬物ではなく
フレッシュなキュウリを
おかずに白いご飯を
食べても美味しいとは
思えません。
ところが、これを、
海苔巻きにし、
ほのかな甘みのある
酢飯と一体となると、
素晴らしく美味しい
食べ物になるのです。
海苔の香りが、
キュウリの青臭さを
覆い隠し、むしろフレッシュ
な香草のような風味に
感じられるのです。
淡白な味の
キュウリが逆に海苔の
味わいを強調してくれるのです。
僕は、お寿司屋さんで、
おつまみを頼み過ぎて
お寿司があまり入りそうも
ないときは、握り寿司より、
海苔巻きにします。
ちょいと醤油を
つけて食べると、
いいおつまみにも
なるのです。
〆のつもりで
頼んでも、ここから
ついつい飲み過ぎて
しまうのが、
困ったところです。



ラベル:海苔巻き
posted by トッチ at 22:40| Comment(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク