2018年05月29日

「宿題やるようにご無沙汰のお店に行く」の巻き

かIMG_1874 (002).jpg
一週間のうち
1回は通っていたような
お店に、いろいろ予定が
重なって、ご無沙汰してしまうことが
あります。ご無沙汰が1ヶ月を
過ぎてしまうと、
ちょっと顔を
出しにくくなります。
さらに仕事が忙しくなり、
出張なども重なり、
2ヶ月以上顔を出せないと、
何だか悪いことをしてしまった
犯罪者のように、
余計にお店の暖簾を
くぐり難いものです。
この日は、意を決し、
店の暖簾をくぐります。
なんだかんだと、
喜ばれ、心配したといわれ、
最後には店に来ないことを
なじられてしまいます。
こうした一連の儀式が済むと、
やっと落ち着いて飲めます。
ハイボールは目配せで
出てきます。
かIMG_1875 (002).jpg
お通しは野菜の和え物。
安定の味付けです。
何だかんだと
他愛のない話をしながら
飲むのもたまにはいいものです。
僕は、結構常連のお店でも
いつも一人ぽつんと
飲んでいることが
多いのです。
その日の反省にじっとり
暗くなってしまうか、
「孤独のグルメ」の
井之頭五郎のように、
心の中であれこれモノローグを
しながら食べ飲むことに
集中するか、
どちらかのような気がします。
かIMG_1877 (002).jpg
さて、一品目は、
カツオのたたき。
薬味たっぷり。
ニンニクたっぷりです。
いやいや、明日のことなど
気にせずにどんどんいきます。
ハイボールがすすみます。
生ニンニクのスライスを
薬味にするという発想は、やはり
土佐の人が考えたのでしょうか?
生姜ではなく、
こんなに強い匂いと味の
生ニンニクと魚を一緒に食べる
という日本人離れした
アイディアはほとんど
天才的といってもいいのでは
ないでしょうか。
これは、ご飯のおかず
というよりは、
やはりお酒の肴ですね。
かIMG_1881 (002).jpg
お次は、春巻。やはり、
僕はこういうガツンとくるやつが
ないと駄目なのです。
カラシをつけて、
醤油をつけて、ガブリ。
筍の食感がうれしいのです。
味付けは薄め。醤油と
今度はお酢をつけて、
ガブリ、ハイボールが
一気になくなります。
かIMG_1879 (002).jpg
と、そこへ、焼き鳥です。
もも肉と皮です。
僕は焼き鳥の中で
皮が一番好きです。
パリッと焼いて香ばしくなった
やつが大好物。噛むと、
ジワッと出てくる脂の旨さ。
柔らかい食感。
ハイボールが何杯でも
いけそうです。

この日は、やっと、
この店に来ることができ、
たまっていた宿題を
やっつけたような開放感にも包まれ、
ついつい飲みすぎてしまいました。
帰り際、足元がちょっと危なかった
僕ですが、とても気持ちよく
酔えました。













ラベル:カツオたたき
posted by トッチ at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク