2018年05月31日

「揚げていないコロッケ」の奇跡!

大船コロッケのもとIMG_0253 (002).jpg
たまに行く居酒屋さんに
「生コロッケ」というか
「揚げないコロッケ」というべきか、
不思議なおつまみがあります。

子供の頃、母親が
コロッケをつくるとき、
ジャガイモに挽肉と
野菜を炒めたものを投入し、
楕円形に成型しているときに、
僕はよく、横からスプーンを出し、
その揚げていないコロッケの
タネを一口だけ
つまみ食いしたものですが、
この居酒屋メニュー、
それなのです。
何ということでしょう。
こんなものに、
お店で出会えるとは!
子供の頃、
そのコロッケのタネを
スプーンですくって
思う存分食べたいと
思ったものでした。

僕は、小躍りしてこれを注文。
一口食べると、
ウオー、懐かしい。
母親のものとは
味付けが違いますが、
一気に子供の頃の
記憶が甦ります。
揚げていないので、
パンチはありませんが、
むしろジャガイモと
挽肉、野菜の味を楽しめます。
何だかとても優しい味なのです。
いやいや、これをおつまみにしようと
いう発想の素晴らしさ。
街の普通の居酒屋さんで
こういう奇跡が起こるものなのですね。
昨日からなぜか
連続でコロッケの話に
なってしまいました。
というぐらい、僕は
コロッケが好きなのです。

ラベル:コロッケ
posted by トッチ at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク