2018年07月22日

「土用の丑の日」の翌日の鰻。

うなぎIMG_2314 (002).jpg
休日の昼ご飯としては
贅沢の極みでしょう。
土用丑の日の翌日、
安くなった鰻弁当を
ゲットしました。
とはいえ、今年は
鰻が高騰しているので
これでも結構な値段。
ついていたタレと山椒を
たっぷりとかけて
まずは、一口。
いやいや、お弁当用の
鰻とは思えない分厚い身。
ふっくら柔らかく蒸されていて
素晴らしい味です。
お店で出してもおかしくない
上物です。これは、大正解。
大儲けした気分です。
ご飯もちょいと硬め。
鰻丼にぴったりのご飯です。
こういう何てことない
スーパーで買った何てことない
お弁当がきちんと美味しいと
本当にうれしくなります。
忙しく暑い一週間を
何とか乗り切って
ヘトヘトになっていた
体に力が漲ってくるようです。

実は、冷蔵庫から買い置きの
おかずを何品か出して
きてスタンバイしていましたが、
こういういい鰻は
単体勝負に限ります。
他の中途半端なおかずと
食べるのはいい鰻には失礼です。
僕は、黙々と鰻丼を
味わったのでした。




ラベル: 土用の丑の日
posted by トッチ at 21:55| Comment(0) | 鼻歌ランラン・ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク