2018年07月31日

新橋の「家庭料理」で飲んで「立ち食い」で〆。

新地下小料理IMG_2325 (002).jpg
新橋駅ビル地下は、
安くていいお店が
たくさんあるので
僕はよく利用します。
この日は、暑さにやられて
食欲が湧かず、
冷房の効いた駅ビルの中を放浪。
一軒の小さなお店を見つけます。
カウンターのみ、静かで
いい感じのお店です。
おふくろの味という
家庭料理屋さん。
まずはここに入って、
ちょっとつまんで
飲んで、まずエンジンを
ゆっくり温める作戦です。
新地下小料理IMG_2329 (002).jpg
僕が注文したのは、
厚揚げの煮物。
これが本当におふくろの味。
甘めの味付けで僕好みです。
ハイボールによく合います。
初めて入ったお店でしたが
女将さんも気さくで
ほのぼのとしてきます。
昔ながらの板前さんのいない
女将手作りの家庭料理屋さん
といった感じで、実に
癒されます。
僕がずっと若い頃に住んでいた
小田急線沿線には
こういういい家庭料理屋さんが
けっこうあったのですが、
ここ新橋でこういうお店は
貴重です。店内の
テレビを見ながら
他愛もない会話をしていると
いい感じで酔いがまわってきます。
新地下小料理IMG_2331 (002).jpg
お次は、キンピラ。
体に良さそうな
メニューです。
味付けはこれまた
甘辛のいい味。
濃い目の味付けが
ハイボールを加速させます。
厨房スペースが
ほぼないに等しいこの
お店では、こういう大皿の
お惣菜をあれこれ食べる
方式のようです。
初めてのお店で
長居はいけません。
きれいに飲んで、
きれいに支払って
お店を出るのが鉄則です。
お店を出ると、
僕の食欲がいよいよ
復活したことを告げていました。
同じ駅ビルの
立ち食いにダッシュです。
新橋地下うどんIMG_2333 (002).jpg
ここは、そばよりうどんが
美味しいのです。
キツネは甘く煮てあって
かつお出汁の利いた
おつゆによく合います。
麺はツルツル、
コシもしっかり、
本場讃岐うどんのように
素晴らしいものです。
冷凍うどんを使っていますが
最近は冷凍技術の向上で
下手な生めんより
断然美味しいのです。
冷凍うどんを
侮るなかれ。
僕は自宅でも時々
使っています。
というわけで、
よく冷房の効いた
寒いぐらいの駅ビルの中で
汗もかかずに
熱いきつねうどんを
やっつけた次第。
充実の飲み食いでした。



posted by トッチ at 15:32| Comment(0) | 酒飲みぶらり旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク