2018年08月27日

クラフトチーズパスタソース「濃厚リッチクリーム」。

クラフトIMG_2683 (002).jpg
土日の朝、昼に、
僕はよくナポリタンか
カルボナーラをつくります。
簡単だし家で作れば
すこぶる安く上がるからです。
というわけで僕の腕は
自分で言うのもなんですが
かなりのものだと思っています。
ちなみにコツは仕上げに
バターを入れることです。
これでカロリーは上がりますが
美味しさも格段に上がります。
それは、いいとして、僕が
困るのは、クリーム系スパゲティを
食べたいときです。
生クリームは値段が高いのも
難点ですが、料理に使った残りが
結局使い切れず
無駄になってしまうのが
問題なのです。
(ちなみに、うちのカルボナーラは
生クリームを入れません。
本物のカルボナーラは
生クリームなしが正しいそうです)
というわけで、スーパー内を
歩き回りながら思案していると、
パスタソースコーナーで、
クラフトの「チーズパスタソース
濃厚リッチクリーム」
というのが目に付きました。
僕は、こいつを無意識に
買い物カゴに入れていました。
「濃厚リッチクリーム」という
コピーにやられてしまったのです。
市販のパスタソースを
買うのは10何年ぶりでしょうか。
僕にはトラウマがあって、
パスタソースが市販され始めの頃
いくつか試したのですが、
どれも大失敗。缶詰、瓶詰臭がして
味もさえない物でした。
それ以来各メーカーから
いろいろ種類が発売されているのは
知っていましたが手が伸びませんでした。
今回はチャレンジです。
いつも「クラフト」の粉チーズを使っている
僕にとって、「クラフト」の製品ということも
よかった気がします。
クラフトIMG_1269 (002).jpg
さて作り方は簡単。
通常のレトルトと同じです。
パスタを茹でてかけるだけ。
具が入っていないので
見かけはジミですが、
何はともあれよくかき混ぜて
味わってみます。
いやいや、意外に
いけるではないですか。
レトルト臭さもなく
とてもクリーミー。
チーズのコクもあります。
が、何か足りません。
ちょっと上品過ぎる感じです。
僕は、クラフトの粉チーズを
ドドドッとかけ、タバスコを
火野正平さんのように
バババッとかけ、
再び混ぜ合わせて
食べてみます。
旨い旨い!僕が求めて
いたのは、この味です。
素晴らしいコク、
クリームとチーズの
合わせ技は最強です。
しかもどちらもクラフト生まれ。
タバスコがいいアクセントに
なっています。
これはなかなか
使えると思いました。
一つ難点は、
2人前入りということ。
おひとり様には向きません。
日本の核家族化と
孤食事情をご存じない
海外メーカーの
マーケティングという
感じがしました。
惜しいぞ!クラフトさん、
がんばれ!













posted by トッチ at 12:32| Comment(0) | つくってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク