2016年12月18日

東銀座「チョウシ屋」のメンチとハムカツで家飲み!

チョウシ屋IMG_1105 (002).jpg
マツコさんの番組の
せいでしょうか、
以前にも書いたように
チョウシ屋さんの
商品がはやい時間に
売り切れになることが
多いのです。
僕は、銀座界隈を
早い時間に通るとき
必ずチョウシ屋さんを
覗くことにしています。

この日は、僕が一番好きな
コロッケが売り切れ、
残っていたメンチカツと
ハムカツを買います。
今日は、お惣菜を
買い足して家飲みだと
決意します。
近所のスーパーに寄って、
サラダ、鯵のたたき、
中華炒めなどを
買うと僕は、一目散に
家に帰り準備を整えます。
できたての揚げ物は、
早く袋から出さないと
ベタベタになってしまうので
まずはお皿に盛り付けます。
追加で買った鯵のたたきには、
追加で葱を刻み、
生姜をすりおろして、
たっぷりとかけます。
見かけはあまり
良くないのですが、
まるで、ネギサラダの
様相を呈し、これが実に
美味しいのです。
手間ですが、僕は
こういう努力は
惜しまないのです。

諸々の準備が
整ったところで
僕の連絡を受けた奥さんが、
さらにたっぷりのお惣菜を
買って帰ってきます。
巻き寿司に煮物、サラダが
テーブルに溢れんばかりになり、
今日は豪勢な家飲みになりました。
たっぷり買ってある炭酸で
ハイボールをつくると
いよいよスタート。
サラダをバリバリやっつけると、
いよいよメンチカツに
ウスターソースをたっぷり
かけてパクリ。
ああこの味です。
ラードの風味が
食欲を刺激します。
奥さんはトンカツソース派ですが
僕はウスターソースが大好きです。
これをドボドボかけると
ラードと挽肉と玉ねぎの
甘い匂いにスパイシーで
酸味の利いた匂いが混然一体と
なり、幸福感一杯の食卓に
なります。

鯵のたたきの葱と生姜の
利いた味が口の中を、
リフレッシュしてくれます。
奥さんがワインを飲み始めたので
僕もそっちにチェンジします。
和の煮物、中華の炒め物など、
滅茶苦茶のメニュー構成ですが、
家飲みはこれがいいのです。
欲望のおもむくまま買い出しをし、
欲望のまま食べ、飲みます。
帰る必要もないので、
安心してお酒を飲めます。
この日も予想通り、
飲み過ぎてしまい、
リビングのソファで
寝てしまいました。

<お店情報>
東京都中央区銀座3-11-6
東京メトロ銀座線銀座駅徒歩3分
東銀座駅A7出口徒歩2分
東銀座駅から220m
営業時間[火〜金]11:00〜14:00 16:00〜18:00(売切れ仕舞い)
定休日は土日月祝
地図などさらに詳しい情報はこちらで⇨チョウシ屋




posted by トッチ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 家飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

出前のお寿司で「豪華家飲み」の宴。

うちIMG_1045 (002).jpg
だらけたい
休日は出前をとって、
ちょっと豪華な家飲みです。
お寿司は、かなり
奮発しました。でも、
お店で食べて飲めば
その何倍もかかってしまう
ことを考えれば、
節約ともいえます。
うちIMG_1049 (002).jpg
サイドメニューは、
スーパーで買ったサラダ2種類。
1つは、カニたっぷりの
シーフードサラダ。
これは、ご飯のおかずにもなる
いい味付です。
うちIMG_1050 (002).jpg
こちらは、野菜の
美味しさが活きた
サラダ。でも味は
お洒落というか、
ワインに合うような
上品な味付です。
飲む気がはやって、
写真撮影を、
忘れてしまったのですが、
白ワイン約1000円を
開けました。
こういうので十分なのです。
まだ陽があるうちに飲む
よく冷えた白ワインは、
それだけで僕を
幸福にしてくれます。


まずは、サラダを
つまみながら、
ゆっくりスタート。
家族の会話も弾みます。
服装も部屋着なので
リラックスして飲めるのです。
が、そこは僕のことです、
我慢できずにすぐに
お寿司にいってしまいます。
白身をパクリ。いやいや、
上等なお寿司です。
シャリは小ぶりで、
おつまみにも絶好です。
白ワインにドンピシャ。
このお寿司屋さんは、
夜は一人一万円以上いってしまう
ちょっといいお寿司屋さん。
お店の都合によるのですが、
出前も予約することが
可能なのです。
奮発した甲斐のある
素晴らしい味です。
甘エビは口の中で
とろけ、白ワインが
キリッと流してくれます。
中トロは、程よい
熟成感があり旨みが
際立っています。
貝、ウニ、穴子も上物です。
ワインは、すぐに
空いてしまいます。
家なので飲み過ぎても
安心とばかりに2本目に突入。
こうして、豪華家飲みの
宴はだらだらと夜遅くまで
続くのでした。


















posted by トッチ at 17:00| Comment(0) | 家飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

ケンタッキーで存分に家飲みだ!

ケンタッキーIMG_2533 (002).jpg
ケンタッキーの業績が
よくないそうです。
売り上げの減少に歯止めが
かからないようです。
僕の大好物なので
このニュースはショック
でしたが、自分で振り返っても
月に一度も行ってないのですから
メニューがほぼ
フライドチキン一本勝負
のお店の商売の
難しさなのでしょう。
だからというわけでは
ありませんが、この日は、
以前、ケンタッキーを
お店で食べて
飲み足りなくて
後悔したときの
リベンジ。そうです、
テイクアウトして
家飲みをしようという
魂胆です。いい匂いの
ぷーんとする袋を
下げて帰るのは
お預けをくった
犬のように
切ないものです。
食欲が暴れ出しそうに
なるのを必死に
抑えるのがやっとでした。
おそらく電車内にも
この素晴らしい匂いは
漂っていたわけで、
ほかのお客さんにも
迷惑をかけたに
違いありません。
ごめんなさい。
小走りで家に帰ると、
ハイボールを準備して、
冷蔵庫から
桃屋のメンマ、
残り物の漬物、
佃煮、鯖の水煮缶、
買い置きの乾き物を
出して準備完了です。
暖かいうちにまず、
ケンタッキー。
先日の反省を活かして
骨つきチキンです。
やはりこれが美味いのです。
香ばしいスパイス、
口の中で溢れる肉汁、
中でも皮の旨さよ!
僕は、皮だけのメニューが
あれば、週一で通う
自信があります。
ケンタッキーの皮は
鳥皮料理のブッチギリの
一位だと思うのです。
これでハイボールは
もう空っぽ。
ジミに自分でおかわりを
つくります。
ここで、桃屋のメンマで
中華の味を投入。
長葱を刻んでかけて
あるので、立派な一品です。
で、ハイボール、
ケンタッキー。
つぎは、鯖の水煮缶、
ハイボール、
ケンタッキー。
といった具合に
家飲みは実に
自由で欲望のまま
飲めるので、
本当に楽しいのです。
ケンタッキーを
存分に堪能できました。
ケンタッキーの
会社の皆さん、
経営は厳しいかも
しれませんが、
頑張ってください。
こんなに美味しい
フライドチキンは
ないのですから。







posted by トッチ at 12:49| Comment(0) | 家飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

家飲みの常連!セブン「焼き豚切り落とし」。

セブン焼き豚IMG_2861 (002).jpg
僕が、飲み足りなくて
セブンに寄っておつまみを
買って飲みなおすとき、
かなりの頻度でお世話になるのが
焼き豚切落とし298円です。
この値段で、素晴らしく
美味しいのです。
僕が子供の頃、
近所のお肉屋さんで
売っていた焼き豚が、
この系統の甘めの味付
だったからです。
僕はその焼き豚が
大好きで、それは、いま
流行りのラーメン屋さん
のトロトロで溶けるような
焼き豚ではなくて、
しっかり歯ごたえのある
カチカチの焼き豚なのです。
セブンの焼き豚は、
カチカチではないのですが
きちんと歯ごたえがあって、
甘めの味付け。
懐かしい思い出が
甦る味なのです。
これをつまみながら、
自分で作った
ハイボールを飲んでいると、
子供の頃の
思い出ポロポロなのです。
本当はタレがかかっていると
いいのですが、この焼き豚には、
しっかり味が浸み込んでいて、
噛みしめるほどに味が
湧き出してきます。
お腹が心もとない時は、
白いメシをチンして、
焼き豚を乗せてミニ丼を
つくります、
麺つゆをひとたらし。
刻み海苔をかけると
立派な〆になります。
298円でこのクオリティ。
さすがセブンです。










posted by トッチ at 16:42| Comment(0) | 家飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。